アクセスランキング

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2013.11.14

Myrten & Horaiをリニューアル

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

過去の自作パターンを改造しました。

Manuka Hat & Mittens

神戸の素敵毛糸屋さんFynさんが、「ミルテシリーズとHoraiをキットにしませんか?」とお声をかけてくださいました。そしていつもの尻軽さでお引き受け、というわけです。

Myrten Mittens

Myrten Hat

Horai Scarf



サンプルを編むにあたり、ミトンと帽子はかなり模様を変えました。5枚花弁の花模様なのは同じですが、ひとまわり小さくしていっぱいに敷き詰めました。使用糸はHolst Garn SUPERSOFTです。


Holst Garn SUPER SOFT
ピンク系(Sugarsnap)×ブラウン系(Truffle)

2色1玉ずつで、ミトンと帽子を編むことができました。

Manuka Hat

Manuka Hat

Manuka Mittens

ミトンが特にお気に入りです。

Holst Garn SUPER SOFT
黄色系(Verbena)×グレー系(Flannel Grey)の組み合わせも。

Manuka Hat & Mitts


Horaiは、スカーフではなくスヌードにしました。87cafeさんのHinagiku Hatのメソッドをちょこっと変えた方法で輪に編みます。
Hinagiku Hat


Horai Snood

Horai Snood

Horaiのために調達してくださったというドイツのモヘア糸をたっぷり使って、ボリューム感のある仕上がりにしました。

Horai Snood

もう一色、赤紫系で。
Horai Snood

Horai Snood


Fynさんは今イベントの準備でお忙しいようですね。梅田の阪神百貨店で11月27日(水)~12月10日(火)まで開催、なんと記念の10回目だそうです。

Fynの日記

「旅に出る理由」かぁ。。楽しそうなイベントだねぇって旦那に言ったら、「理由も何も、おまえはひきこもりやろw」とツッコまれました、ぎゃふん。


キットの準備が整ったら改めてお知らせさせていただきます。
ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.10.25

Hitofude Cardigan

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

新しいパターンができあがりました。

Hitofude
Hitofude Cardigan by Hiroko Fukatsu
サイズ : 胸囲 XS 73-84 (S 85-96, M 97-108, L 109-120, XL 121-132, XXL 133-144) cm
出来上がり寸法 : 身幅 42 (48, 54, 60, 66, 72) cm (詳細なサイズは p.5 概略図参照)
使用糸 : Tosh Merino Light by Madelinetosh 384 m / 100 g, 2 (3, 3, 4, 4, 4) かせ (サンプル作品
はサイズXS、col. French Greyを約1.7かせ使用) 、または中細程度でドレープの効果が出やすい糸を約660 (760, 890, 1060, 1190, 1390) m
使用針 : 5号 (3.6 mm) / 80 cmの輪針 (ゲージに合わせて針のサイズを変えてください)
その他用具 : ステッチマーカー5個 、5/0号程度のかぎ針、とじ針、予備針 (メインの針と同じか細めの4本棒針または輪針) 1本 、余り糸2本、直径13-15 mmのボタン1個 (オプション)
• ゲージ : チャートAで20目 × 32段 = 10 cm、またはチャートAを縦横各2模様 (24目 × 16段) = 12 cm × 5 cm (いずれも水通し後、軽く伸ばした状態で)


***

簡単なレース模様で編む前身頃ヒラヒラ系のオープンフロントカーディガンです。この夏に編んだNyanenやDate Nightでのアレンジなどからアイデアとイメージを膨らませて作りました。

Hitofude

「ひと筆」という名前は、一度も糸を切らずに編むことができるパターンというところから来ています。糸始末が最小限ですむということくらいしか実用面でのメリットはないのですが、なるべく糸を切りたくないのがニッターの性。そういう意味ではちょっと面白がってもらえるかな、なんて思っています。

Hitofude

構造も編み方もとても単純なので、難しいところはほぼありません。一カ所だけ、上身頃から下身頃に移る工程がややこしいのですが、頼れるテストニッターの皆様のアイデアとアドバイスのおかげで、わかりやすく説明できたのではないかなと思っています。

Hitofude


サンプルとして編んだSサイズの作品を義母にプレゼントしたのですが、それはそれは喜んでくれました。年齢を選ばず着ていただけそうなデザインになったと思います。

Hitofude (sample)
(ボタンはオプションで付けられるようになっています)


アレンジしやすいつくりなので、袖丈や袖周り、着丈、ドレープの増減などお好みに合うよう変更して編んでみてください。テストニッターの皆様が様々なサイズ、糸、色、そしてアレンジで編んでくださっているのでとても参考になると思います。完成作品一覧はこちら

私もギンガリネンを使って夏アレンジ作品を編みました。3号針で編んだので、ちょっと窮屈な仕上がりですが、この夏大活躍でした。

Hitofude for Summer
Hitofude for Summer

半袖、着丈長めでヒラヒラ増。模様もちょこっと変えたので、チャートを載せておきます。

Hitofude Mod Lace Chart

囲みの色はパターンのチャートB-Eに対応しています。1段目の薄いグレーの2目一度の部分は、各チャート1回目は表目、同じチャートを2回以上繰り返す時は2目一度して編んでください。

***


Yarnaholic様でもお取り扱いいただいていますので(日本語版のみ)、ペイパル以外の決済方法をご希望の方はぜひこちらをご利用くださいね。

なお、パターンは一般的な編み図式ではなく、すべて文章で説明する内容(模様編みのチャートと写真解説はあります)ですので、どうぞご注意ください。よろしくお願い致します!


最後になりましたが、テストニッターの皆様、そしてテクニカル編集をしてくださった眞理さん。皆様の協力なくしてはこのパターンが産声をあげることはありませんでした。本当にありがとうございました。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.09.26

Chance of Showers

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

少しブログをサボっている間に、すっかり秋になりました。

ラベリーで大人気のデザイナーHeidiさんのカーディガンを編みました。
Chance of showers
Chance of Showers
by Heidi Kirrmaier
from Heidi Kirrmaier's Ravelry Shop


これは母へのプレゼント用。
オススメよりも太めの糸、シルクハセガワさんのギンガ−6(フレンチモーヴ)を使ってXSサイズのパターンを編み、S-Mくらいの仕上がりを目指しました。

Chance of showers

W&Tを巧みに使って、半円形の前身頃を作ります。アトリエニッツさんで日本語版もリリースされたHeidiさんの大人気パターンVitamin Dの流れを汲むデザインですね。


Chance of showers

針はパターン指定の太さのものを使ったので、編んでいる時はけっこうキチキチな感じでした。

Chance of showers

ドレープがちゃんと出てくれるか不安でしたが、ギンガはくったりした編み地になり、なかなかいい感じにできたと思います。母も喜んでくれました^^

Chance of showers

うなじから背中に向かっての増目のラインと縁取りのシンプルなレース模様がにわか雨を連想させる、、そういうことかな。

Chance of Showersって「降水(にわか雨の)確率」っぽい意味らしく、けっして「やったーシャワー浴びれる!」っていうことではないようです、、などと思ったのは私だけか(笑)

Chance of showers

Heidiさんはこのあと、After the Rainというボーダープルをリリースされていますね。計算され尽くしたシンプルな美しさのあるパターンで、これも好きです。


Chance of showers

**

オープンフロントのカーディガンといえば、懲りずにまた自分のパターンを書いているところです。テストしてくださっている皆様、ほんとうにありがとうございます!

Hitofude

近々お披露目させていただきたいと思っていますので、それまでは忘れていてください(笑)
ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.08.17

Lin Lin Shawl!!

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

キュートであったかいショールができました。

Lan-Lan Shawl
Lin-Lin Shawl
by Yoko Johnston
from Yoko Johnston's Ravelry Store


ラベリーのグループ、JD’s Basementは日本人デザイナーやこれからデザインをしてみたい人、それを応援する人たちの集まりです。リリース告知やテスト、その他デザインに関するアレコレを皆で共有できるスペースです。

そんなJDの発起人でもあるjoujoukaさんの立案でDAL(Design along=一緒にデザインしよう!)がはじまり、第一回のお題はショール。その中で生まれたデザインのひとつがこのmiyayoさんのLin Lin Shawlなのです。

Lan-Lan Shawl

リリースされたばかりですが、私はテスターに立候補し、ひと足早く編ませてもらいました。ちょうど見本と色違いの糸を持っていたので(全くの偶然と幸運でした)、迷わずそれに決めました。miyayoさんのとふたごだ!ということで私のはランランショールと呼んでいます(笑)

デザインのコンセプトはmiyayoさんの原風景である雑木林だそうです。そういう物語りがあると、イメージが膨らんで編むのがさらに楽しくなりますね。miyayoさんのブログ記事もあわせてどうぞ^^

Lan-Lan Shawl

幹から枝が伸び、てっぺんには鳥がちょこんと。各パートからパートへの模様の自然な移行がおみごとでした!

Lan-Lan Shawl

ボディ部分(幹パート)がゴム編みのショールは初めてだったのですが、とても巻きやすくて気に入りました。

Lan-Lan Shawl

枝パートは立体感のあるレース模様。

Lan-Lan Shawl

鳥パートのたっぷりとしたフリルがゴージャス。

Lan-Lan Shawl

私はこれまでもmiyayoさんのパターンを何度か編んでいますが、そのひとつひとつに作品への愛情と編み手への優しさがあふれていて、編んでいるとなんだか温かい気持ちになってきます。今回はDALということで、真っ白な状態からどんなふうに形にされていくかを少し覗くことができてとても興味深かったです。miyayoさん、おめでとう&ありがとう!

Lan-Lan Shawl

それにしても、この夏はとても暑いにもかかわらず、冬糸作品も色々編んでいる気がします。苦にもならず夏糸と両方楽しめているのは編み物中毒がさらに進行しているのか知らん。。。

Lan-Lan Shawl

とはいえ、ウールの大判ショールを巻くにはまだ早いから、このランランショールはしばらく指をくわえて眺めておきます。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.08.05

In The Mist

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用
Ririkoさんの新しいパターンをテストニットさせていただきました!

In the mist
In The Sky
by Ririko
from amirisu Fall 2013


amirisu3号掲載のIn The Skyは大胆なバイカラーが印象的な、ドルマンスリーブのゆったりセーターです。サイドウェイで編むので、色の切り替えが縦方向になるのが新鮮。

なのに私のは、色の切り替えって何?って感じですね。すみません^^;

In The Mist

テストの依頼を受けてからパターンを頂くまでに少し時間があったので、糸の種類や色をあれこれ考えていました。考えすぎて、ごらんのようにあらぬ方向に着地してしまったのでした。

In the mist

はじめはMC、CCに同色モヘアを引き揃えて、コントラストを曖昧にしてみようと思ったのですが、最終的には「CC部分をモヘア一本、MC部分は同系色で引き揃え」というところにたどり着きました。CC部が透けて、面白いんじゃなかろうかと。。

In The Mist (wip)

糸はパピーのニュー2plyとハマナカのシルクモヘアパルフェ。
色はどちらも薄いグレーのつもりだったのですが、到着してみると2plyのほうは薄紫でした。モヘアも紫がかって見えます。

ネットでのお買い物ではよくあることなので、気にしません・・というか、かえって良かったかも。この淡い紫で朝もやのイメージが浮かんだので”In the mist”と命名してみました^^

In The Mist (wip)

MCとCC、どちらも同じ太さの針(7号)で編んでいます。ゲージはほとんど違いません。

In The Mist (wip)

まずは本体の左袖(CC)からCO。身頃左側を少し編み進めたところでMCにチェンジし、ネック部分は前後を別編みし、再び合体させて右袖へ。裾と袖口のリブはあとから編み付けます。

In The Mist (wip)

In The Mist (wip)

前身頃は後ろよりも幅が広くなっていて、着るとネックラインにほんのりドレープが出るようになっています。

In the mist

長めの裾リブ(私のは糸が足りなくて見本より短めになりました)はブラウジングさせてもいいですね。袖もちょっとたくしあげてみたり。

In the mist

本来は身幅、着丈とも、もっとたっぷりとしたゆとりのあるデザインなんですが、私のは全体的に小さめに仕上がってしまいました(たぶんゲージが原因)。それがちょっと残念かな。

モヘアの透け感はこんな感じ。。

In the mist

どうでしょうか。あんまりわからんですね^^;
ふっ。アイデア倒れか。。(でででもこれはこれで気に入ってるんですよ)

In the mist

Ririkoさんの前作Relax同様、これから様々な色使いのたくさんのIn The Skyが見られると思うととても楽しみです。

***

またまたパワーアップ、そしてボリュームもたっぷりのamirisu3号はこちら。→
今回は電子ブック形式でページ送りがとてもスムーズ。ぱらぱらとページをめくりつつ、いつもながらの美しい写真と楽しい編み物記事をゆっくりと堪能したいです。

お気に入りの記事は、人気デザイナーオルガさんへのインタビュー。あの「どうやって編むの、コレ?」というアイデアいっぱいの楽しいパターン達はどうやって生まれるのか!その秘密が今、明らかに!?

掲載パターンをまとめてチェックするならこちらが便利かな。→

ちなみに私はトクコさんのケーブルセーターkobe


それから、けいさんのクッションカバーherringboneを編みたいです!


あ、そうだ。Etsyでamirisu store開店との朗報が。ブルックリンツイード等の日本語パターンが購入できるそうです^^

ではまた、次回!

8/8追記:フリーダ日本語版進呈の企画にメールをくださったM.K様
お問い合わせいただいてから、数度PCと携帯のアドレスに返信致しましたが無事届きましたでしょうか?
すでにお手元に届いていましたら、お手数ですがその旨ご連絡いただけると幸いです。
携帯に送らせていただいたメールは私のメールボックス上では「送信済み」となっていますので、
もし未着の場合は、迷惑メールや受信設定等の確認をお願い致します。
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。