TOP > スポンサー広告 > Blooming JacketTOP > pull-a/w > Blooming Jacket
アクセスランキング

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2009.05.21

Blooming Jacket

すっかり夏めいてきた昨今ですが、コートを編んでました。
DSC01504.jpg
pattern:毛糸だま2008春号p.8 Jacket
design : 日下和則
yarn:Georges Picaud laine et soie 10玉
needle:棒針4号 かぎ針5号
制作期間 :5/5~5/16

変更点
・模様編みをメリヤスにした
・前立てを鹿の子で作った
・ボタンをひとつ多くした
これも件の「頂き物糸」のうちのひとつ。パターンは毛糸だまから。
DSC01544.jpg
DSC01502.jpg
デザイナーの日下和則さんはピンクハウス関連の方らしい。言われてみればそんな感じかも。 ボックスプリーツが要所要所に配されて、シンプルながらも個性的なシルエットになってます。
DSC01549.jpg
特に衿はプリーツが4回入っていて、ふわりと立体的になるところがお気に入り。短めの袖もかわいいです。 糸を買い足すことができないので、絶対「足りないよぅ~」な事態だけは回避せねばと色々計算、見積もりしながら編みましたが、結局ほぼパターンどおりのサイズで出来ました。 編み地はシルク混の威力か、見た目よりさらっとしています。
DSC01510.jpg
ベルトはたぶんしないで着ると思うので、作らずにおこうかと思っていたのですが、意外に糸が余ったので一応。
DSC01511.jpg
前立ては、編みっぱなしにかぎ針で縁編みをするという指示でしたが、縁編みを省略したくて(かぎ針苦手)鹿の子編みで前立てを作っています。 でも糸が足りそうだったので結局縁編みもきちんとやりました(袖口、裾、衿も)。ベルトと縁編みがしんどかった・・。 さて、と。では早速・・タンスにしまいます(笑)
以下は制作過程の写真集です。 糸が足りなくなると困るので身頃で調整すべく、他の部分から編み始めました。 まずは衿から。
DSC01447.jpg
次に袖を脇まで。
DSC01449.jpg
ラグランなのであとは身頃と合わせて一緒に編みます。 身頃編み始め。着丈調整がしやすいように前後続けて編みました。
DSC01451.jpg
DSC01464.jpg
プリーツは内側にくる部分だけ裏メリヤスになってます。すごく幅広のリブ編みをご想像ください^^
DSC01472.jpg
折り畳む部分を3つの針にわけて・・
DSC01473.jpg
パタパタと。あとは3目を一度に編みます。 実は衿の縁編みを濃い茶色の糸でやろうかと・・
DSC01482.jpg
ま、却下です(笑)。 一応平置きも。
DSC01526.jpg
最後まで着丈を決めあぐねていたのでボタンホールの位置も決められず。全部編んでから「無理穴」にしました。なのでボタンは小さめに、ひとつ多く付けました。
DSC01533.jpg
DSC01534.jpg
着用写真では分かりにくいかもしれませんが実は袖にもプリーツ。 衿の感じはこれのほうがわかりやすいかな?
DSC01531.jpg
スポンサーサイト
web拍手 -->
« Buttercup | HOME | ASH »

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。