TOP > スポンサー広告 > ROSA 編み始めTOP > pull-s/s > ROSA 編み始め
アクセスランキング

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2012.04.25

ROSA 編み始め

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用
ちょっと昔、指定糸(Rowan Cashsoft 4ply)を使って編んだ
Kimさまのふりふりセーター、ROSA。

DSC00789

本に載ってる見本のピンクver.はそれはかわいらしくて、すっかり惚れてしまったのだけど
でも着るにはちょっとプリティすぎるだろう、と黒を選んだのでした。

これはあまり良い選択ではなかったようで、コントラストが強くなりすぎて
かえって使いにくくなってしまったように思います。

結局ほとんど着ることなく、でもやっぱりかわいいからほどいたり譲ったりもできず。
もっぱら観賞用となりました。

DSC00834
Rosa by Kim Hargreaves from Thrown Together


「冬糸半袖」は出番が少ない、というのも肥やし化の一因かな。

さて、出番が少ないニットのアイテムといえば、ノースリタートルですな。
(「味の招待席」における米朝師匠風)

私が後生大事にしまっていたのはフィット感があるリブ編みのもの(既製品)。
素材はカシミヤ(薄い水色)で、わりと良い物なので捨てられずにいたのですが
あんまり出番がなさすぎるので、この度謹んでラーメン化させていただきました。

ROSA (wip)

伸ばして巻いてスタンバっていたこの糸。

何を編もうか色んなパターンをイメージしていたのですが
淡いブルーがなんとなくROSAに合いそうな気がしてきて、
また観賞用になっちゃうかも?と思いつつ編み始めてしまいました。
今回はコントラスト弱めの方針です。


指定の3mm(3号)でゲージを取ったら大体いけそうに見えたのですが
いざ本体を編み始めたら、なぜが大きめに。

2号に落として編み直してみると、目標ゲージに近づいたもよう。
比べると、このくらい大きさが違っていました。

ROSA (wip) ROSA (wip)

指定糸よりすこし細めな糸なのに、大きくなるとはコレ如何に。
同じ号数で、糸の太さや種類を変えてゲージを取ったら
バランスはどう変化するのか、一度検証してみたいきもち。


それからこの糸、伸縮性が強いためか(ちょっとローワンのカーマーっぽい)、
目がちっとも揃わず、なんとも情けない編み地。裏側から見ると特に。
メリヤスを編むとき、表より裏編みが緩くなるクセがあるのですが、
それが目立ってしゃーない。

ROSA (wip)

なんとか修正しようと手加減を意識しながら編んでみました。
表は優しく、裏は強めに。「ガラスの仮面」で喩えるならばそう、

表はアルディス、裏はオリゲルドとしてっ!!

・・・。


ROSA (wip)

そんなわけで、ふたりの王女を脳内であやつりつつ、前身頃完成。
目は多少揃ったような気がします。ま、飽くまで気持ちですが^^;
なお、肩下がりはW&Tにして、伏せ止めせずに残しています。



フリルの感じが見てみたくて、一本だけ作って付けてみました。
300越えの作り目は、Long tail COで。cable COと迷ったのですが
試しに20目ほど作ってほどいた糸の長さを比べてみたら、
Long tailのほうが短かったので(当社比)糸の節約のためにこちらで。

ちなみに、親指側の糸が足りなくなるのを予防するために、
糸玉の巻き始めを人差し指、終わりを親指にかけて作りました。

ROSA (wip)

フリルの本体はハセガワさんのセイカ(グリフィン?)です。
ほんとは純白~生成りくらいが良かったんだけど、これは限りなく白に近いグレー。
そして黄みのある照明の元では微妙に紫がかってみえるのが気になる・・。
まあでも自然光だとそれほど違和感はないので、このままいきます。

ROSA (wip)

本体への付け方は、たしか半返し縫いかなんかだったと思うのですが、
今回はかぎ針で引き抜き編みして綴じ付けてみました。


さて、これから気がかりなのは糸量。
機械でみっちり編んだノースリリブタートル、か ら の 手編み半袖ラウンドネック。
ううむ、なんとか足りてほしい!

どうなることやら、結果は次回!
スポンサーサイト
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。