TOP > 2013年07月
アクセスランキング

2013年07月 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2013.07.27

Nyanen Shrug、からの、Cardigan

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用
Nyanenを編み終わり、使用糸のShibui Linenがまだ余っていたので
おそろいの模様でShrugを編んでみました。

Nyanen Shrug
Based pattern: Nyanen Tee
by Cecily Glowik MacDonald
from Quince & Co.


別鎖の作り目で長方形を編み、それを半分に折り畳み、左右袖下にあたる部分を綴じ、中央の目(身頃)を輪にして1目ゴム編みを数段。たったそれだけです。

Nyanen Shrug

Nyanen Shrug

目数段数は本家Nyanenを参考に決めました。

背中にフィットさせるため、ゴム編みの前に後身頃だけ少し減目しています。

Nyanen Shrug

袖口から袖口へと縦長に編めば模様の向きを逆にすることもできるのでちょっと迷いましたが、横長に編んで袖口にジグザグを出すことにしました。

Nyanen Shrug


残念なことにNyanenと合わせるとなんかいまいちでした。

Nyanen Shrug

Nyanen Shrug


ワンピースに合わせたらなかなかよかったのですが、肩ひもの付け根あたりが見えてしまうのが少し気になる。。

Nyanen Shrug

で、ひらめいた!このShrugをカーディガンにしてみたら?

Karano Cardigan

これで残っていた糸を使い切りました(Shrugに1.5かせ+残りの1かせ)。もう2〜3模様ぶん丈が欲しいかな。

Karano Cardigan

イメージはWhisper Cardigan。写真を観察しただけなので細部は全然違うと思いますが、構造はおおざっぱにはこんなんかなーと想像。


Karano Cardigan

完成度はひとまずおいといて、Shrugよりは使い勝手が良さそうに思います。
何よりアイデアをひねり工夫する過程が楽しかった!
まだ改善できそうなところもあるので秋用にウールでもう一度編んでみようかな。

DSC_1660_mini

ではまた、次回!

<ご連絡>
7/26(金)のPM12時過ぎ頃にフリーダ日本語版ご希望のメールをくださったM.K様、
返信メールがリジェクトされてしまいます。フィルター設定の変更等をお試しいただき再度ご連絡ください。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します!
 7/28追記:解決しました!
スポンサーサイト
web拍手 -->

2013.07.12

Nyanen

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

Nyanen、完成しました!

DSC_1365_mini
Pattern: Nyanen Tee by Cecily Glowik MacDonald from Quince & Co.
Yarn: Linen by Shibui Knits, Fingering / 4 ply, 100% Linen, 246 yards / 50 grams x 2.5
Needle: JPN#4 (3.3mm)



軽やかで透明感のある中細の白いリネン。
暑い夏にぴったりのレース模様のスリーブレスプルができました。

Nyanen

レースが作るジグザグをそのまま編みっぱなしで袖口に。ネックラインは伏せ止めだけ。ウエストシェイプもなく、ほんとうにシンプルなパターンです。

Nyanen

見本の写真では気付かなかったのが肩のゴム編み。だらんと伸びないようにとの配慮でしょうか。

Nyanen

このゴム編みの分だけ前身頃の肩を長く編み、3 needles BOで後身頃とはぎます。


えーとえーと、それから・・・という感じで書くこともあんまりないくらい簡単に編めてしまうのですが(笑)、糸の細さと質感からか手編みっぽく見えない気がします。

Nyanen

ShibuiさんのLinenは編んでいる時はしゃりっと心地よく(ただし針を引っ掛けないよう注意!)、水通し後はさらっとしなやかになり着心地満点。

Nyanen

写真ではきれいに出ている袖口のギザギザは、着ているうちに伸びてしまいますが、まあこれは想定内ですね^^;

Nyanen

これだけ盛大に腕を出してると日焼けや冷房が気になるかもしれないので、残った糸でお揃いのシュラグでも編もうかなと思っているところです。

Nyanen

ではまた、次回!

web拍手 -->

2013.07.09

Nyanen (wip) & Short rows..

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

Quince & Co.からCecilyさんデザインのNyanen Teeを編んでいます。

Nyanen (wip)

Nyanen Tee
by Cecily Glowik MacDonald
from Quince & Co.


ジグザグレース模様のスリーブレスプルオーバー。
使用糸はyarnaholicさんでお取り扱いされているShibui KnitsのLinen、色はIvoryです。

Shibui Linen

チェーン構造の白いリネン。シャリっとしてて透明感があっていかにも涼しげです。太さは中細ですが少し不均一なので、編み地がほんのりデコボコします。それが淡雪みたいでとっても可愛いです。

Shibui Linen

Nyanen (にゃんえん?にゃねん??)はボトムアップでウエストシェイプなし。まっすぐ輪に編んで、脇で前後に分けて往復編みして肩をはぐ、とてもシンプルなデザインです。

レース模様も一回チャートを見ただけですぐ覚えられるので、パターンとにらめっこする必要はありません。編み地は薄くてコンパクトなのでモバイルにピッタリだと思います。

Nyanen (wip)

とはいえ中細、総レース。意外と時間がかかっていて、やっとこさ脇の辺りまで到達。できあがったらすぐ大活躍間違い無しなので早く編みあげたいです。

**

miyayoさんの「W&T考」というブログ記事を読んで興味がわき、引き返し編みの構造をいくつか確認してみました。ここにメモ代わりに残しておこうと思います。
なお、正確さは保証できません^^;

●W&T
すべり目→ラップし目を左針に戻す→編み地を返す。
時計回りのラップはねじれ、反時計回りはねじれません(miyayoさんの記事参照)。

DSC_1283DSC_1283
↑表から見たところ。
下から反時計回り(表)、時計回り(表)、反時計回り(裏)、時計回り(裏)

DSC_1296DSC_1296
↑裏から見たところ。


●日本式?
編み地を返してかけ目→すべり目。

Japanese short-row (RS)Japanese short-row (WS)

ピエロさんの動画がわかりやすかったです。引き返し地点にもたつきがなくきれい。なんだか見直してしまいました。

Japanese short-row (WS)
黄色→赤が糸の運び。


●ドイツ式?
編み地を返してすべり目し(表裏ともに糸は手前)、糸を引っぱりながら後ろにまわします。かけ目もラップもしません。

German short-row (RS)German short-row (WS)

目からウロコな簡単操作。見た目もなかなか良いです。
私はRililieさんのパターンで初めて知りました。
Spring Lines

Moroccan Nights


German short-row (WS)

興味のある方はGerman short rowsで動画を検索してみてくださいね!

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.07.03

Sparkling Surf -フリーダ日本語版 -

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

Sparkling Surf
Pattern: Frida by Hiroko Fukatsu
Yarn :Ginga Linen Light by Hasegawa Corporation (40g)
Needle: JPN#4 (3.3mm)


アトリエニッツのn'amiさんに翻訳、レイアウトをお願いしていたFridaの日本語版が完成しました!お忙しいなか、さくっとすっきり仕上げてくださってほんとに頼もしかったです。ありがとうございました!(n'amiさんのブログ記事はこちら

Sparkling Surf

日本語版作成にあたり、夏糸を使ってテストニットをしてみました。

私にとってフリーダはカジュアルな秋冬のショールだったのですが、せっかくこの時期にリリースするのなら、夏糸で涼しげなのができないかと考えました。

Sparkling Surf

淡い色、段染め、細糸、ビーズ。。

幸せなことに、英語版リリース後たくさんの方が編んでくださり、多くのインスピレーション、刺激をいただいたので、それらを私なりにミックスして編むことにしました。

Ginga Linen (Light)

糸はシルクハセガワさんのギンガリネンかすりライトを40gほど、色はサーフ(淡い寒色系の段染め)。針は4号。材料以外はほぼパターンに忠実に編みました。

DSC_1026

唯一アレンジしたのはループセクションで、透明そろばん型4mmのスワロフスキーを6ループごとに(ちょっと無理やり)通しています。セクション1で15個。全部で100個弱使用しました。

Sparkling Surf

ループに通すことでゆらゆら揺れて、光をとてもよく反射するので写真以上にキラッキラ。羽織ってゆらしてはニヤニヤしています。やりにくいのであえておすすめはしませんが^^;

Sparkling Surf

ビーズを通すループだけ3回巻き、あとは2回巻きにして、あとから輪をカットしました(ビーズが輪にひっかからないように)。

Sparkling Surf

予想以上に繊細な感じになったので、めったに出番のない白いワンピースに満を持してご登場願った次第です(笑)

Sparkling Surf

Sparkling Surf

一見面倒くさそうに見えて、編んでみるとやっぱり面倒くさい。。そんなパターンではありますが、日本語版、少しでも楽しんでいただけるといいな。どうぞよろしくお願いいたします!あ、編まれる際には以前のブログ記事もぜひご参照くださいね。

Sparkling Surf

アトリエニッツ、フリーダ日本語版購入ページはこちら

なお、英語版をご購入くださった方限定で日本語版を進呈いたします。
(期間は2013年7月31日までとさせていただきます)

8/1追記:上記募集は終了しました。メールをくださった皆様、ありがとうございました!

ではまた、次回!
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。