TOP > 2013年03月
アクセスランキング

2013年03月 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2013.03.19

Ninian

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

Ninian、できました!

Ninian
pattern: Ninian by Gudrun Johnston from amirisu Spring 2013
yarn: Cima by Shibui knits (2.1 skeins)
Needles: JPN#5 (3.6mm)


極細糸を5号針でふんわりと編む、春のセーターです。amirisu2号のインタビュー記事に登場のグドランさんのデザイン。ニニアンってかわいい響きなので女の子の名前かな、と思って調べたら、スコットランドの聖人のお名前みたいです。

素敵なデザイン満載のグドランさんのパターンページはこちら。私は以前Little Black Dressを編みました。Vailaはいつか編みたいと思っているパターンのひとつ。

Ninian (wip)

裾から輪で編み進め、脇で前後に分け往復編みして肩をはぎ。さて、お次は袖を!と出来上がった身頃をちらり。

Ninian (wip)

するとくしゅっとした編み地が、「み・ず・と・お・し♡」と語りかけてくるので、仰せのままに。。。つまり、レースがパッと開くのを早く見たかったわけですが。

これはまだ湿っている状態。

Ninian (wip)
ノビーー


でも乾けばこのとおり!

Ninian (wip)
シャキーン


パターンどおりのサイズになりました。さすが指定糸。


編み地の水通しビフォーアフター。

DSC_0003

ふっくらして弾力と厚みが出ましたよ。

そして袖。これが面白い編み方で、身頃から目を拾って引き返し編みで袖山を作っていきます。以前編んだヴェラさんのtwenty ten cardiganのときもこの方法だったような。単純な操作なのに、なかなかのきれいな仕上がり。

Ninian

前身頃は全面レース。くりの少ないボートネックで露出は控えめです。レースの効果で裾が花びらのようにまあるく波うってかわいい。

Ninian
シェットランド伝統のレース模様は、日本でいう藤編みのバリエーション?

一方、後身頃はシンプルにメリヤス編み。フィットさせた袖といい、甘くしすぎないところがニクいです。

Ninian

ほぼ2かせで編めたので、重さ約100g。ポピー色も軽ーい着心地も今の季節にぴったり。
このままスキップしながらお花見に繰り出したくなるような、心踊る一着です。
amirisu様、ステキな糸のご提供ありがとうございました!

Ninian

ではまた、次回!
スポンサーサイト
web拍手 -->

2013.03.17

Walnut Snood

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

かわいいクルミ模様のスヌード、できました。

Walnut Snood
Walnut Snood
by Kyoko Nakayoshi
from amirisu Spring 2013


使用糸のArtesanoのAranはアルパカの魅力全開。ずっしりねっとりと。それをたっぷり味わいたくて、模様を一列足し、幅を少し広くしてみました。maple色は、シロップのあまーい香りが今にも漂ってきそうな生成り〜ベージュ(実際は野性のかほり、だがそれもいい)。

Walnut Snood

往復編みで150cmくらい(9リピート)編めたところで輪にしました。パターンどおり3 needles BOにしましたが、好みでメリヤスはぎに変更しても良いかなと思います。

Walnut Snood

このボリューム感!こういうの、欲しかったんです。でも、とても暖かい日が続き、せっかくのボリューミーなこのスヌードの出番は来冬まで持ち越しになりそうな気配。

Walnut Snood

糸はまだまだ残っおり、ひとつやってみたいこともあったので、おもむろに結合部分をほどきました。

そして。。

Walnut Cardigan

こんなカーディガンにリメイクしてみました。

Walnut Cardigan

編んでいる途中、肩にかけてポーズをとったとき、このごろ流行(?)のこのスタイルにしたらかわいいかも、と思いついたんです。そうしたらアレンジ欲がもうどうにも止まらない!

Walnut Cardigan

編み地の中心50cmくらいの幅で4段に3目の割合で目を拾い、まっすぐメリヤスを編みしました。脇を綴じ、裾と袖口に1目ゴム編みをしたらできあがり。模様編み部分が意外と幅広だったので、袖は作りませんでした。

Walnut Cardigan

スヌードの時よりも模様が「どやさ!」と自己主張していますね。
朝晩、肌寒いときにさっと羽織れて重宝しています。

Walnut Cardigan

サイズや構造は毛糸だまNo.156 2012冬号、 p.63の風工房さんデザインのアランカーディガンを参考にさせていただきました。
Aran Cardigan by kazekobo


michiyoさんもよくこの形を取り入れられているのかな。これもすてき。
Stranger Cardigan by michiyo


まっすぐ編むだけでできるこのスタイル、パーツのつなぎ方と大体のサイズ感がわかれば、お気に入りの模様と糸を使って簡単にアレンジできそうですよ。

Walnut Cardigan

さて、これでアレンジ欲はすっかり満たされました。
私のことだから、ささっと解いてまたスヌードに戻したりするかもしれません(笑)

Walnut Snood

最後になりましたがamirisu様、ステキな糸のご提供本当にありがとうございました!

ーー
おまけ

NHKの番組、東京カワイイ★TVmy kawaiiコーナーにて
私のタコさんイカさんみやよさんデザイン)が紹介されました!

Domo-kun Strap
どーも!

しかも特別賞に輝き、沢村さん、Beniちゃん、はしのえみさんのサイン入りどーもくんストラップ、もらっちゃいました。

Domo-kun Strap

かわいいパターンのおかげです。みやよさん、ラブ♡
元ネタ
Octopus Mittens

Squid Mittens

Domo-kun Strap

わーいわーい、嬉しいな。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.03.03

Canaryと編みかけのamirisuパターン

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

ことりが一羽。

Canary

Canary

おなかがぽんぽこりんなのは

Canary

巻き尺のせい。


もう一羽には

Canary

ホックを付けて

Canary

塩あめをふたつ、しのばせてみると

Canary

自立しました。

Canary

おしりもかわいい。

Canary
by Yuki Ueda
from amirisu Spring 2013


amirisu2号のパターンでまず編みたかったCanary。
手のひらサイズの作品の中にアイデアと工夫がぎゅっと詰まっています。
かわいいのはもちろん、適度な編みごたえがあり達成感も味わえます。
一羽編み終えるとすぐ、次は何色にしようかと在庫をごそごそ。

ーー

amirisu2号がリリースされた時のブログに、気になるパターンが3つあると書きました。
ひとつはCanary、それからNinianとWalnut Snood。

それがamirisuさんの目に留まり「よかったら、これを使って編んでみませんか?」と糸を提供してくださいました。

NInianには指定糸のShibui KnitsのCima。色はPoppy。

DSC_0025

Ninian (wip)
Ninian
by Gudrun Johnston
from amirisu Spring 2013



Walnut Snoodには指定糸より少し細めのArtesanoのAran。色はMaple。

Aran by Artesano

Walnut Snood (wip)
Walnut Snood
by Kyoko Nakayoshi
from amirisu Spring 2013


繊細なレース模様のNinianとほっこりクルミ模様のスヌードを、とっかえひっかえ編んでいるところです。リスさん達、贅沢な時間をありがとうございます。

そうそう、amirisuといえば、リスさんのおひとりオチアイトクコさんのご本が出ましたね。
DSC_0002
おしゃれな世界のニットレシピ -英語パターンでたのしく編もう
オチアイトクコ著/ビー・エヌ・エヌ新社 ¥1,260

「英語パターン、始めてみませんか?」というトクコさんからの招待状。ネットのあちこちに散らばっている海外の編み物に関する基礎知識と情報が、「おしゃれ」をキーワードにすっきりとまとめられています。英語パターンを編むって一体どういうことなのか、その雰囲気が掴める一冊だと思いました。

ではまた、次回!
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。