TOP > 2013年01月
アクセスランキング

2013年01月 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2013.01.25

Brynja Beret

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

アイスランドから届いた、かわいいベレー帽のパターンを編みました。

Brynja Beret
Brynja Beret
by Hélène Magnússon
from The Icelandic Knitter, Issue 02, Winter 2010


アトリエニッツさんで近日リリース予定のブリーニャベレーの日本語版をテストニットさせていただきました。この大胆でかわいい花柄、最近どこかで見ませんでしたか?

Brynja Beret

そう、cozysunnydayさんが先日編まれたブリーニャカーデの帽子バージョンなのです。
カーデとお揃いで編んでもきっとかわいいし、カーデはちょっと難しそう。。という方も帽子なら2玉でささっと編めてしまいますのでおすすめです。

糸は指定のレットロピーを使ってみたい、ということでコーダさんに駆け込んだのですが時すでに遅し。ほとんど色が残っていなくて、なおかつ3ページに分かれているもんだから、色選びはかなり難航しました。結局この赤と黒を不安な気持ちで選び、糸の到着を待ちました。

♪私はヘドロ、ヘドロ〜世界で一番いいオンナ。好きな色は〜〜
(ヘドロの歌/プリンプリン物語)

などとタンゴを歌って踊っているうちに、ほどなく到着。

Létt-Lopi
Red and Black

Létt-Lopi
ざりっとした手触り。いかにもよく絡みそうな感じです。

お、渋い赤。これなら黒としっくり合いそう。
実は、もし色が気に入らなかった時のために別糸(グレーの濃淡)を用意していたのです。

でもこれならままずまず安心、ということで早速編み始めました。
すると作り目が面白い!このパターン、最初からクライマックスだぜ。

Brynja Beret

German Twisted COは、一般的な指で掛ける作り目のバリエーションなのですが、ひと手間加えてあるので伸縮性は損なわずにしっかりと、そして見た目が表裏ほぼ同じように仕上がります。初めての方法でしたが丁寧な写真付きのチュートリアルのおかげで難なく作ることができました。

Brynja Beret

続くブリムのリブ編みもひねりを加えて編む面白いやり方。
そしてメインの花模様〜頭頂部の減目、カラーを変えてまーるくトップを編んだら出来上がり。

Brynja Beret

さきっちょがキューピーさんみたいにぴょこんと。
これはブロッキング次第で平坦にもできると思いますが、私はあえて、ぴょこん!
ここにI-cordを編み足せば、ベレー感がさらに増すかしら?

Brynja Beret

ベレーということで、かぶりが浅めのデザインなのかな。これも可愛いですが、もう少したっぷりとした感じでかぶりたい気もするので、今度編むときは少し丈を伸ばすかもしれません。

Brynja Beret

始めからおしまいまで、飽きること無く一気に編める楽しいパターンでした(なおこさん、ありがとう!)。トドラーとキッズ、そして大人用の3サイズあるので、ちっちゃな女の子にいかがですか?すごくキュートだと思います。母娘おそろいも楽しそう^^

ではまた、次回!
スポンサーサイト
web拍手 -->

2013.01.18

Ingenue

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

海外編み物本のなかでも人気の高いカスタムニッツから、Ingenueを編みました。
トップダウンのシームレス、ラグラン袖のプルオーバーです。

Ingenue
Ingenue
by Wendy Bernard
from Custom Knits


糸は実家で発掘された「20年もの」のスキー、キックオフ。
ウール100%、棒針10〜12号、ゲージ15目20段。50g巻きで73m。
極太で、なかなかの重量感です。

DSC_0106

この糸に合うパターンを便利なラベリー検索で探したところ、このIngenueが引っかかりました。カスタムニッツは少し前に蔵書の仲間入りしていて何か編みたいと思っていたし、11玉という制限内にも収まりそうなのでこのパターンに決定しました。

Ingenue(アンジェーヌ?)は、Google先生ほかの助けによると純情な少女(またはそういう役柄)的な意味らしい。パターンの概要には「オードリーヘプバーンやレスリーキャロンのエッセンスを振りかけたのよ」と。なるほど、なんとなくイメージがわきました。

Ingenue

ワイドで立体的なネックライン、身頃と比較するとたっぷりとした袖。簡単だけど印象的な模様もどこかクラシカルな雰囲気です。

特にしっかりとしたダブルの襟は着る人を華奢に見せてくれるような気がします。

Ingenue

変更点は後身頃で数段引き返し編みをして前後差を付けたところと、カフスと裾を襟に合わせてダブルにしたところ。あとは着丈を少し長くしたことです。どれも始めから計画していた訳ではなくて、編みながら思いついてやってみた感じ。

Ingenue

袖口は模様編みを5セット編んでからコントラストカラーにチェンジ。模様編みの部分と同じ長さになるまでメリヤス編みし、伏せ止めせずに本体の「メリヤスと模様の境目の段」に裏側からメリヤスはぎの要領で綴じ付けました。

Ingenue

はじめ、伏せ止めしてからまつり縫いをして始末したら、お見せできないほどひどいありさまだったので、心を入れ替えてメリヤスはぎで丁寧にやり直したのでした。ブログの効用ですね^^

Ingenue

裾は模様を10セット編んだあと、残った糸が尽きるまでメリヤス編みしました。折り返すと裾模様の中間あたりにしか届かず、仕方なしにその位置に止め付けました。少し表に響いちゃってますね。袖と同じようにコントラストカラーを使って編み足せばよかったかな。

Ingenue
「減目がバストの下、増目が脇のライン」と位置を変えてウエストシェイプするっていうのは珍しいかも?

メリヤス編みと模様編みでゲージが違うので、パターンどおりにシングルにすると少し裾がすぼまります。ダブルにすることで、なだらかな裾広がりになりました。

Ingenue

糸が重めなせいか、ちょっと厚ぼったい感じがどうかなとも思いますが。。

Ingenue

襟〜ヨークで気になったことがひとつだけ。
段の変わり目が前身頃(左側)にあるので、襟のところでそれがちょこっと目立ちます(もしかしたら読み間違えた??)。

本来は前後がないデザインだからどっちを前にしてもいいわけですが、前後差付けちゃったので^^;また編む機会があれば、後身頃側に持っていこうと思います。

Ingenue

この糸は姉から奪ってきたものなので、もし気に入ってくれたら姉にプレゼントしても良いかな〜と思っています。それにしても、昭和の年代物の糸が海外の有名デザイナーの人気プルになるとは。。時代は変わりました。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.01.14

帰省と編み物にまつわる色々。

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用


年末、京都に帰省するときの手みやげとして小物をふたつ編んで持って行きました。

まずはスヌード。
この前黒で編んだHinagiku Snoodがとても好評だったので、糸を変えてふたたび。

Hinagiku Snood
Based pattern: Hinagiku Hat
by violetta
from 87cafe


きれいなグリーンの段染めはyarnaholicさんで購入したcaper sock。

DSC_0043

これにシルクハセガワさんのセイカ(黄緑色)を引き揃えてふんわりさせました。

Hinagiku Snood

caper sockのまぶしいくらい元気なグリーンにモヘアの霞がかかり、優しい印象になりました。

Hinagiku Snood

これもいいけど、せっかくの発色をそのまま楽しめるものもまた編もう。

そして帽子。
miyayoさんのHappa Hatです。

Happa Hat
Happa Hat
by Yoko Johnston
from In Stitches 2


糸は以前「メロンちゃん」とあだ名を付けて、あーでもないこーでもないと編んではほどいた黄緑色の極細カシミヤ8本取り。編みきったつもりだったのになぜこれが在庫にあるのか?記憶は曖昧ですが、あれからまたほどいたのかも^^;これにまたもやセイカを引き揃えて。

Happa Hat

たがい違いにお行儀よく並んだ葉っぱ模様がかわいい。

黄緑色のこのセイカは、ハセガワさんのネットショプがまだ楽天だったころ、たまたまお安くなっていたのを発見し、調子に乗って買ったもの。50g玉を4〜5個買ったんだっけ。

2本取りでこんなプルを編んだりしましたが、

Feel of Spring

なかなか消費しきれずにいました。

Happa Hat

今回のスヌードと帽子で多少減りましたが、まだ中途半端に残っていたので、思い切って帽子に付けるポンポンを作ることにしました。モヘアのポンポンってどんな風になるんだろ。

Happa Hat

とろけるようなやわらかさとシルクのなめらかな光沢。羽毛のような軽やかさと繊細さ。ちょっとボリュームが足りなかったのが残念ですが、セイカのふわふわポンポン、とても気に入りました^^

miyayoさんデザインの帽子と言えば、Houzuki Hat。
去年の冬編んで、愛用させていただいていました。

Houzuki Hat
Houzuki Hat
by Yoko Johnston
from In Stitches 2


帰省時にもかぶって行きました。すると仲良しの近所の女子高生の目に留まり。JKに「ちょうだい♡」とおねだりされた日にゃ、誰が断ることなんてできましょう。謹んで献上して参りました。めっちゃ使い込んだやつやけどなw

葉っぱ帽とほおずき帽、どちらもおんなじくらい良いパターンなので、自分用にどちらかまた編もうと思っています^^



さて、京都に帰省したら行かねばならないところが。それはそう、アヴリル!
三条アヴリルは実家から徒歩圏内なこともあり、母と一緒にてくてく訪れるのがこのところの恒例となっています。今回は姉と姪も参加してくれたので、ワイワイとかしましく糸選びをしました。

買ったのは。。。(いや、ぜんぶタニマチ(=母)が出してくれたんですけどね。ありがとね)

ウールリリヤーン(赤)
Wool Lily-yarn by Avril

Wool Lily-yarn by Avril


ワッフル(ミント)
DSC_0097

DSC_0101

ドネガルツイード(紺)
DSC_0123

DSC_0110


そして、めくるめく糸の桃源郷に圧倒されたのか、姪が勢いで極太ファンシーヤーン(種類ははっきりしませんが、こんな感じの糸で、生成り〜ピーチな色合い)を購入。マフラーに挑戦することになりました。おばさん感激!!私は作り目のお手伝いと基本の編み方のレッスンを担当。もうそろそろできてる頃かな?写真撮って送ってね♡

そんなこともあり、実家でほんの少し編み物ブームのきざしが!こんどは姉が昔の編み物グッズを押し入れから出してきました。20年前の糸と編み本数冊。糸はスキーのキックオフという極太11玉で、どうやら当時の彼氏にセーターを編もうとしたものらしいです。なぜ編まずに残っていたのか、そのわけは決して訊くまい。

DSC_0106

一緒に出てきた編み本は「西島秀俊、俺が着るセーター」。ふふふ。20年前の初々しい西島さんがステキにセーターを着こなしてらっしゃいました。作品ごとにちょっとしたエッセイ(?)がしたためられていたりするあたり、ファンの方にはけっこう貴重なものなのではないでしょうか。

もう一冊は「十朱幸代が着る素敵なセーター」。父が好きな女優さんだったことと関係があるのかないのか。こちらは十朱さんが大人の色香をたたえつつ美しくほほえんで。その他諸々、どれも昭和の香り漂う懐かしい品々でした。



東京に戻って早速、母から依頼された赤いスヌードを編みました。
これが今年の編み始め。

Red Cupido
Cupido Cowl
by Hiroko Fukatsu
from Please Don't Eat the Daisies!


Red Cupido

拙パターンCupidoです。10号針、作り目184目で購入した140gがなくなるまで編みました。元パターンよりすべり目の段数を2段増やしています。

Red Cupido

こんな目の覚めるような鮮やかな赤はめったに使わないのですが、
小物にするとアクセントになっていいですね。

Red Cupido

アヴリルのウールリリヤーン、とーっても軽くてチクチクも無く、そして存在感のあるすてきな糸だと思いました。

Red Cupido

あ、そうそう。20年寝かしたスキーの茶色い糸11玉はちゃっかり頂戴してきました。
それでセーターを編んだので次回はそれをお披露目したいと思います。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.01.01

あけましておめでとうございます!

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用


Medusa Hat
Medusa Hat

本年も何卒よろしくお願い致します。


Medusa Hat

某所ではすっかりネタバレしておりましたが、
巳年にちなんだ今年の被り物はメドゥーサです。

ベースはかぎ針で丸く編んで半分に折ったもの。
それにI-cordをたくさん植毛(植ヘビ?)してゆきました。
先を結わえてから、目と舌を付けました。

Medusa Hat

Medusa Hat

メドゥーサは目を見たら石になっちゃう怪物だけど、
見目麗しい女性で女神的な要素もあるということなので
金ラメ糸でティアラ的な飾りを作ってみました。

Medusa Hat

どう小細工をしても結果はドレッドヘアー寄りですね。わはは。
犬よ、今回もがまんをありがとう。

皆様にとって、すてきな1年になりますように。
よーし、今年も編むぞー!!
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。