TOP > 2010年09月
アクセスランキング

2010年09月 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2010.09.15

Swingy Cardi

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用


ヒラヒラカーディガンが完成しました!

top down cardi

***
pattern: top down gilet by naganasu from witch's knitting room
size: small
yarn: Ginga Linen by Hasegawa Corporation of Japan / light gray 180g
needle: JPN#5 (3.6mm)
gauge: 22sts/30rows
note: 別糸の作り目、作り目+40(前身頃に20目ずつ)、7分袖に変更、
カラー追加、上下端にガーター編み追加。

Started August ? 2010
Completed September 10 2010

***

前々回の最後に降臨した救世主、シルクハセガワさんのギンガリネンは
ヒラヒラカーディガンに生まれ変わりました。

top down cardi top down cardi
top down cardi top down cardi

使用パターンのnaganasuさんのtop down gilet は、ちょっと前に1着編んでいて、
そのオシャレさとヒラヒラ具合がめちゃくちゃ気に入ってしまい、
毎日のように愛用していました。

ジレなので、涼しくなったらインナーを長袖にして着ればよいのですが
私にはそういうコーディネートが上手くできないことが発覚。
ならばいっそカーディガンにしちゃえば秋にもヒラヒラを楽しめる!ということで
改造計画が始まりました。

DSC05030 DSC05031

コーンでやってきた200gを使い切りたいこともあり、前回同様作り目は多めに。
さらに別糸で作り、あとからカラーを追加する可能性も残しておきました。

編み始めから脇まで、パターンの指示どおりの間隔でラグラン増目。今回は掛け目&ねじりで。
少し腕周りが大きくなりそうだったので、袖下に追加する目の数は6目減らしました。

袖の目を休めておいて、身頃下部をせっせとメリヤス。
着丈はほぼ前回のと同じくらいにしました。

ここで糸を2つに分けて、袖2本を輪のまま同時編み。
初めてのテクニックだったのですが、これが結構キツかった。

最初のうちは輪針一本、マジックループで同時編みしました。
しろまる大先生ありがたや)

top down cardi

が、手首に向かってちょっとずつ目を減らしていったら
1本で編むのがしんどくなってきたので、2本輪針技法にチェンジ。
(しろまる大明神様ありがたや、ありがたや~)
どっちの方法もスグレモノです。
が、針と糸がお祭り騒ぎでイイィッッ!!ってなりました(笑)

なんとかかんとか、程よい長さになったところでガーターを入れて普通に伏せ止め。

糸がまだ余っていたので別糸の作り目から目を拾ってカラーも加えることに。

編み始めからしばらく、首の付け根あたりまでは、
後ろ身頃のラグランラインに沿って減目を入れました。

top down cardi

このほうが体にフィットするかな~と思ったのですが
効果のほどはよくわかりません^^;なので、適当に切り上げて、
そこからは増減なしで編みました。全部で13cmほど編んだようです。

広げるとこんな。

top down cardi

袖付きストールって感じです。

編んでいるときはけっこうハリのある編み地だったので、
前回のようなドレープがでるのかな?と少し不安もありました。

top down cardi top down cardi

でも水通し後はしなやかな感じになり、
さらに着画を撮ったときは、すでに実際に何度か着用したあとだったので、
けっこういい感じにクッタリ、きれいなドレープが出て大満足です。

やっとこさっとこ涼しい風が吹き始めた昨今。
これから大活躍間違いなしの一着になりました。


ではまた次回!


スポンサーサイト
web拍手 -->

2010.09.13

Gala Tunic

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用
聖母たちのララバイを歌っているうちに、秋の気配が漂ってまいりました。

前回のがっかり記事から、ずいぶんと沈黙していたような気がする私ですが、
悲しくなって港の坂道を駆け下りていた訳でもなく、けっこう元気にやっとります。

というか、むしろ舞い上がっています。
なぜなら。

K-tank

前回、ちょっと卑屈な感じで編み手を募集しました、ケーブルタンク。
想像よりもはるかに多くの方が挙手してくださいました。

その皆さんの協力で「ドキッ!エラーだらけのパターン大会」(=エラーの修正)
が催され、いも虫パターンがあれよあれよとアゲハ・・
は言い過ぎかな、シジミチョウに!

なんだかこのままお蔵入りさせるのはもったいない感じに
成長してしまいました。(初期のひどかったことときたら!)

それで、まあ、その、なんというか。

男らしくあきらめたはずの一般公開を、やっぱりいっちょめざしてみるか
という感じになっております。

だってだって、けいさんの1号2号とかnaganasuさんのとかkuhkoさんのとかakoさんのとかkoumeさんのとか285さんのとかCHUMONさんのとか***Lily***さんの1号2号とかhiiragiさんのとかmimizukuさんのとかユキさんのとか
(ほんとはもっといっぱい)見ちゃったら、やっぱりイケルかも?
ってなりますよね。ね。

で、私はというと、試しにチュニックバージョンを編んでみたりしました。
いつものごとく、手元によさげな糸はなかったので、
むか~し父に編んだらしい(覚えてない)ウールのセーターをリサイクル。

DSC05059 DSC05055

しかも、解きながら編むというマッチポンプ技法で横着をしたものだから
ラーメン構造がモロに編み地に影響しています。

なので今回はさすがにちゃんと水通しをしてみたら
目はそこそこ揃ったものの今度は縦に伸びてしまいました。

K-tank K-tank

チュニックのつもりがミニワンピな風情。でもまあ、これはこれで。
冬場にはそこそこ活躍してくれそうな感じになりました。

K-tank K-tank

そんなことをしているうちにも超豪華な編み師達の手で、
様々な色や糸のバージョンが着々と編みあがってゆくのです。
これが舞い上がらずにおれるでしょうか、いや、おれない(反語)。

そして私は自分のへっぽこ英語を呪いつつ、シジミをモンシロにと
精を出しているところです。

いつか、「できました~!!!」と、ここでご報告出来るようがんばりますので
それまでは、このことはどうぞ忘れちゃってください(笑)
よろしくお願いいたします。


で、舞い上がっている理由は他にもあるのです。

まず、ラベリーのお友達、knitpandaさんがご自身のブログの企画
「今週の手作り人」の第三回として、私をピックアップしてくださいました。
インタビューをうけて、ハンドメイドにまつわるエトセトラを
そこはかとなく書きつくっております。
なんとknitpandaさん翻訳の英語バージョンもあるのです!(というかそちらがメインです)
knitpandaさん、私のおかしな文章をすてきに翻訳してくださってありがとうございました^^

もうひとつの出来事。ハンドメイドブログ界の有名人、***Lily***さん
私のVesperを紹介してくださって、このブログが突然大盛況になるという椿事が!
ああ、びっくりした。***Lily***さん、ありがとうございました~~・・・

・・・って、なにこれ。

もしかして私今、モテ期??そうなのかっ????な、なんとなく、コ・ハ・ヒ~~。
と、前回とは逆の意味でのミョーなテンションでひとまず。


ではまた次回!


web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。