TOP > 2009年02月
アクセスランキング

2009年02月 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2009.02.25

Batik Pullover finished あれ?

DSC00706


Batik Pullover 、完成しました!喜び勇んで着用写真を撮ったのですが・・


pattern:日本ヴォーグ社 クチュールニット13「清楚で美しいニット」
design : 志田ひとみ
yarn:ピエロ カシミヤメリノ 白
needle:6号 7号 8号



ん??何かが違う。
どことなくママさんコーラス的な雰囲気が漂っている。
確か見本はもう少し若々しかったような?
で、見本と比べてみてわかりました。


DSC00703 DSC00701


着丈、袖丈が長い!!どうやら水通しで伸びてしまったようです(涙)
ゲージを合わせたつもりで太めの針で編んだのが悪かったのか?
伸びることを勘定に入れてませんでした。うう。
(なのにネックの開きは見本より狭いとは、これいかに?)


DSC00712 DSC00736


でも、それを除けば模様はきれいに出ているし、
やりとげた充実感でいっぱいです。


DSC00697 DSC00699


抱いていたイメージとは少し違ってしまいましたが、
十分着られる出来だと思うので、何かのパーティーの際には是非これで行こうと思います
(予定はありませんが^^;)。 ああでもやはり苦労した作品だけに、ほろ苦い結果が身にしみます。
やさぐれ中↓


DSC00714


2/27追記
naganasuさんに助言を頂き、少し乾燥機にかけてみました。


DSC00768

画像ではわかりにくいでしょうか?
いい具合に目がキュッとしまって、とても着やすくなりました。
丈も2~3センチは確実に(もっとかも?)短くなって、より見本に近づいたと思います(嬉)
naganasuさん、ありがとうございました!!
スポンサーサイト
web拍手 -->

2009.02.24

Batik Pullover (wip) あと少し

Batik Pullover、なんとかかんとか完成しそうです。
2583348
2583349
模様部分はすべて終了。あとは袖のフリルを編んで綴じ、身頃に付ければできあがり。 模様を編むのはそれはそれは楽しい作業でしたが、袖も中盤になると新鮮味が薄れ、だんだんと苦痛になってきました。 ただ、その頃には模様の理屈もわかり、次の目はどうするのかを手が覚え始めたので、少し余裕もでてきました。 なので、字幕映画はさすがに無理ですが、日本語の単純なドラマ等なら見ながらでもできたので、苦しさを軽減できました。あとは「早く出来上がりが見たい!」の一念(執念?) 途中、何度か試着していますが、サイズは大丈夫そうです。次回、完成品と着用写真をお見せしたいと思いますので、どうぞできばえを確認してやってください。 見守ってくださった皆様、ありがとうございました! ~あみともメモ~ 表裏源内蛙合戦 キイナ プロジェクトランウェイ 小林賢太郎テレビ
web拍手 -->

2009.02.20

Batik Pullover (wip)

ほんのり家事を崩壊させつつ、ボディ完成しました! DSC00659※クリックするとFlickrに飛びます 先に身頃を綴じて、襟と裾のフリルをつけました。ちょっと伏せ目がゆるかったようなので、やり直すかもしれません(今は気持ち的に無理ですが^^;) 模様が楽しくて仕方ないのは変わらないですが、やはりちょいちょい間違えて「キーーー!!」ってなってます。同じところでミスするので気をつけてはいるんですが・・。 さて、めったにならない肩こりを発症させながら、袖、行きます!
web拍手 -->

2009.02.16

Batik Pullover (wip)

ちょっと奥さん!私とうとう始めてしまいました。志田ひとみ大先生の #8 Batik Pullover。日本ヴォーグ社「清楚で美しいニット」掲載の作品です。 この本からは#16 Turtle Neck Pulloverを先に編んでますが、実はこちらのパターンにひと目惚れして購入した私なのでした。 他の作品を編んでいる間も頭の片隅にこのセーターのことがずっとありました。でも見るからに複雑な総レース模様。本当に編めるのか、完成したとして着られるのかは甚だ疑問。 が、ここのところシンプルな作品が続いていたので、そろそろこってり背脂系が恋しくなったし、暦ではもう春ということで早く編んでしまいたい気持ちも手伝って・・ ええいままよ!とCast On でございます。
2561924
どこまでもロマンティックにしたくて、糸はセール時にこっそり買っておいたピエロさんのカシミヤメリノhttp://www.rakuten.co.jp/gosyo/600777/600778/629464/#569364(25g/90m カシミヤ30%メリノ70%)白、ひと玉200円くらいだったかな?にしました(現在は販売していないみたいです)。DSC01150 とても上品な雰囲気の糸で、やさしい光沢があります。たとえるなら深窓の令嬢か?もちろん指定糸ではありませんがパターンのムードにも合っているし気に入っています。 最初、指定針で編んだらゲージが激しく違ったので全ほどき(4センチくらいですが悲しかった)。ええ、スワッチ編まなかった私が悪いんです。心を入れ替えスワッチを編んで、6号に変更しました。
2561921
で、模様ですが・・楽しいです!いやもうほんとに。終始ニヤついて、怪しい人になってます。
2561923
2561929
そして、後ろ身頃完成!
2561927
とか何とか言いながら、楽しくも苦しい編み修行。やる気を持続させるためにちょいちょいここで進捗を報告しようかと思っています。しばらくこのセーターの記事が続きます・・たぶん。 編み友映画 なし。(無理!)
web拍手 -->

2009.02.12

Dream Swatch Belt finished

前の記事でLuna Dressに合わせていたベルトについて。これはknit and tonicのウェンディさんのフリーパターン、Dream Swatch Head Wrapを改造したものです。
2546847
Luna Dressの見本写真のコーディネートがカッコ良くて、ぜひとも私もベルトをあしらって写真を撮りたいと思いました。
2546843
が、オシャレ的にはなんだかな~なのですが、どうもベルトが苦手なのでほぼ持ってないに等しい。ならば作ってしまえということで、なんとなくメッシュベルトっぽいこのパターンで編んでみることにしました。 うまくいけばヘッドラップとしても使えるし!ドクロセーターの余り(rowan pure wool DK)がひと玉弱あったので(色も黒が良かったので)それを使いきっちゃえ!
2541967
で、指定どおりの目数で5模様ほど編んだところで、ベルトにするならメリヤスより鹿の子にしたほうが丸まらなくて良いかも?と考え、次の模様から鹿の子編みに切り替えました(この時点では「太いベルト」と「ヘッドラップ」の両立を目指していたのです)。 とはいえ、ひと模様編んでは「毛糸のベルトって・・・」もうひと模様編んでは「ちょっと太すぎ?」またひと模様で「・・・」と、迷いに迷いながら編んでいました。 そして最終的にはヘッドラップはあきらめ、幅も折り畳んで半分にすることにしました(模様を変更した意味なし)。
2546872
適当な長さまで鹿の子で編み、最後はメリヤスに戻して左右対称にしました。そしてバックル等の用意もないのでヒモで結ぶデザイン?にしました。端からだんだん目を減らし、3目になったところでi-cordをえんえんと。反対側も同様に。これで糸を使いきりました!
2546857
完成したのがこれです。ヒモの先はフリンジにしました。
2546873
内側に何か芯を入れたり、ちゃんとしたバックル等をつければもっとベルトらしくなりそうです。模様の構造上均等に穴があるのでそれを利用するのもいいかも。ビーズをつけたらかわいいかな。などなど、妄想はどんどん膨らみますが・・・
2546846
ほぼ写真用に作ったアイテムなので実際使うかは微妙。でも模様(ドライブ編みの変形?)を編むのは楽しかったし、余り糸を使いきれたし写真もそれなりに撮れたので満足しています^^
2546871
web拍手 -->

2009.02.11

Recycled Luna Dress finished

昨日言うて今日という、嬉しがり丸出しで着用写真です。
2546853
2546852
小さすぎないかちょっと心配だったボディのサイズはどうやら大丈夫だったようです。リブ編みのサイズって、なんだかよく解りません。 ネックはこんな感じです。見本よりメリヤスの丸まりがかなり少ないです。気に入っているのですが、本来のクルクルこそ「ルナドレス」という名前の由来なのかもしれず^^;
2546844
このドレス、見本の写真では太いベルトとコーディネートしています。カッコ良いのでマネしたかったのですが、ほとんどベルトらしいものを持ってない私。ならば自作してしまえ!ということでベルトのような物体を編み、こんな風にしてみました。
2546855
メリハリが出て良くなったような気もするし、ただの黒帯のようにも^^;このベルトについては別記事に書きたいと思います。
2546854
写真ではタイツと合わせてますが実際はスキニーデニムに合わせることが多くなりそうな予感。とにかく軽く暖かく、シンプルで着やすいので重宝すること間違いなし!と、自画自賛してみたり^^; おっと、忘れちゃいけない。元セーターのタグも当然リサイクル!カルバンクライン(2L)。これがあるだけでグレードアップしたような気分になるから不思議。
2546874
このリサイクル毛糸、まだ小物を編めるくらいは残っているので、帽子か何かを編みたいな~と思っています。
web拍手 -->

2009.02.10

Recycled Dress (wip)

前回はボディ部分とネックが完成したところまででした。その後スカート部分は12号でまっすぐメリヤスということで、特に問題なくクリア。 ボディを予定より少ない目数で作ってしまったため、そのままの目数でスカートを編むとヒップに無理が出そうな気がしたので(要はピチピチを回避するため)、しれっと10目増やしてます。 ひとつ悩んだのはスカートを下に向かって編んだため、裾が伏せ止めになってしまうこと(裾は4x1リブ)。伏せ止めでもいいんですがやはり伸縮性に欠けるので・・・。 で、ピキーンとひらめいたのは「伏せ止めの代替案としてのひと目ゴム編み止めってどうよ?」。とりあえず、ネック(メリヤス編み)の伏せ止めをほどいて試してみました。
2541963
うん、伏せ止めした時より伸縮性アップ。見た感じも(私基準で)違和感なし。そして良いか悪いかは別としてメリヤスの丸まりが和らげられました(スチームでより平らになりました)。 これは使えそうということで、裾もひと目ゴム編み止めに決定。裏目と裏の止めを合わせるために4x1リブを5x1に変更。わりと上手くいったんじゃなかろうかと思っております。 さて、次なる課題は袖。元は長袖パフなのですが、それだと家事をする時にやっかいだし(家着にする気満々)、資源(糸)の残量も微妙なので半袖にすることに。元パターンのパフを生かして・・・と作ったのがこちら。 25419622541966 って、どこのリボンの騎士ですか?とんだ面白写真になってしまいました。オフタートルにビッグなパフは欲張りすぎですね。これはすみやかに却下。結局は無難にこんな感じにしました。
2541964
2541965
一応これで出来上がりです(写真は糸始末、スチーム前)。後日着用写真を載せたいと思いますので、もしよろしければ覗いてやってください^^ 編みながら鑑賞した映画等のメモ 映画 図鑑に載ってない虫 nothing となり町戦争 ボルサリーノ 潜水服は蝶の夢を見る 刑事コロンボ 祝砲の挽歌 舞台 道元の冒険 the diver
web拍手 -->

2009.02.05

Recycled Dress (wip)~序章~

前の記事でも触れましたが、うちの旦那はここ数年でかな~り減量しました。それは健康面&外見的には大変よろしいことなのですが、ひとつ弊害が。それは「昔の服が着られなくなった」こと。で、登場したのはこのセーター。
2529383
これはかつて私が気に入って選んだ市販のセーター。でもセーターなぞ暑苦しいとて、ほとんど袖を通すことのないまま放置されていました。 さて、昨今の別人化によりウールを欲するようになったので久々に着てみたところ・・・はい、ぶかぶかです。でもこのままタンスの肥やしで終わるにはもったいなさすぎます。もともと私が気に入っていた編み地だし、いっそ私の何かにリサイクルしてやろうか。というわけで、このプロジェクトが始まりました。(前置きが長い!) まずは解体作業。とじはぎ部分をとくのは大変だろうと思っていたのですが、ほぼすべて引き抜きだったので意外にらくちんでした。252937925293782529373 各パーツを豪快にほどきつつ、昔、犬のサークルにしていた柵(?)にぐるぐる巻き付け、その状態でスチームをあてました。そして巻き取ったのがこれ。
2529381
これが前身頃。結構な量ですが意外に軽い?(150グラム)。 一連の作業、何を編もうか考えながらテカテカしつつやっとりました。念のため計った元の編み地のゲージは16目。最近編みたいと思っていたのはチュニック的な着丈がロングな何か。で、いつものようにラベリーメインでパターン探しをした結果、IK fall 2007Luna Dressに落ち着きました。
2529701
shopping tunicglobal warmingも捨てがたいですがゲージが合わないのでまたいつか。
2529382
このパターンもゲージは少し違うのですが大きめサイズの目数で作れば調整できそうということで、いざCast on! 本来スカート部分からどんどん上に編むのですが、丈の調整がしやすいように別鎖の作り目でボディを先に編むことにしました。 んがっ、ひとつ大きいサイズの目数にしてボディ完成間近まで編み進んだところで、これでは小さすぎることが発覚。泣く泣く全ほどき(泣) 新たな気持ちでもうひとつサイズ上げた目数でやり直し。しかし脇の減目のときに作り目が10少なかったことが発覚(号泣) 再びほどくか迷いましたが、10目少なくても初めのサイズよりは大きかったのでなんとか大丈夫そう・・・と言い聞かせ、そのまま行くことにしました。 そしてここまできました。
2529374
サイズに若干の不安を残しつつ、このままスカート部分に進みます。 つづく・・・
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。