TOP > 2008年12月
アクセスランキング

2008年12月 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2008.12.30

Durrow finished

年始にプレゼント予定の義父用セーター、完成しました!
2432877
途中まで編んで中断し、母のセーターと牛のかぶりものを仕上げてから再開したDurrow。しばらく離れている間に模様やテンションをすっかり忘れ(泣)新たな気持ちで再び編み始めたのでした。
2432873
少し変わったラグランスリーブのこのセーター、ゲージの違う糸でのサイズ調整が私には困難だったので一般的なラグランに変更しました(袖の模様もひとつ多くなっています)。 そのラグランの減らし加減がかなり行き当たりばったりだったので、どうなることかととても心配でした(プレゼントだし)。なんとか完成しましたが、2度と同じものはできません^^;
2432869
今回やらかしたところは首まわり。元パターンは二目ゴム編みだったのですが、ちゃっかり読み飛ばし、本体と同じ4×2リブで作ってしまいました。そして伏せ止めしているので伸縮性が少なく、脱ぎ着がちょっときつそうです。
2432872
でもこれ以上ゆるくすると今度は着た時にだらーんとなってしまいそうなのでギリギリセーフ(?)くらいの強さで伏せ止めしています。二目ゴム編みにしとけば二目ゴム編み止めに出来たのですが…身頃と模様を合わせたこの首元のデザインを気に入ってしまったのであえてやり直しませんでした(実は未だ悩んでます)。
2432615
模様編みは楽しく、身頃はまっすぐゴム編みなので 脇から上のデザインで悩んだ以外はすんなりできた印象です。ただ、メンズは自分で試着できないのでちょっと困りました。
2432870
旦那に着てもらったのですが、私の編み物にほぼほぼ関心のない人なので何度も(しかも旦那のじゃないものを)「着ろ、そして写真を撮らせろ」と頼むのは非常に勇気がいりました。(と、たまに旦那が覗いているこのブログにあえて書いてみた^^:) さてさて、今年はこれが最後の記事となりました。私の今年一年を漢字ひと文字であらわすと、ずばり「編」。子供の頃からとぎれとぎれながらずっと続けてきた編み物がラベリー&ブログをきっかけにドカンと爆発した一年でした。来年も引き続き(今のペースで編み続けるかはわかりませんが^^;)編み物を楽しみたいな~と思います。それでは皆様良いお年を! 1/5追記 DSC00218 1/2、無事義父に手渡すことができました!とても喜んでいただけたもよう。お年玉までいただいてしまいました^^;
スポンサーサイト
web拍手 -->

2008.12.21

Cow finished

牛のかぶりもの、完成です!
2404264
母用セーターを編み終え、いざDurrowを!と再び編み始めたのは良かったのですが、どうも心は燃え尽き白い灰になっていたようで、雑念が頭をぐるぐると。「そろそろ年賀状の準備せんとなぁ」「去年はねずみのかぶりものを犬に作ったなぁ」「来年は丑年かぁ」「・・・」と思い至ったが最後、”モー”誰も私を止められないぜ(牛だけに)。
2404263
上手い具合に黒と白の余り糸が少しづつあったので、去年のねずみ同様かぎ針でホルスタインっぽく作ってみることにしました。小さな帽子に耳(と角とポンポン)をつけただけのデザインですが、結構牛っぽく出来たのではないかと自画自賛^^:
2404265
実はこれ、フェルト化してみようと思いながら作りました。フェルトにするんだから平気平気♪を合い言葉に、太いかぎ針でざっくりと。糸の色を変えるところとか、目の増やし方とか、すごくいい加減に作ったのに・・できあがってみればジャストフィットでした(泣)
2409640
2404262
いちおう帽子の形をしていますが、うちの犬は立ち耳なので帽子をかぶせると耳を圧迫させてしまうのが気の毒で、写真を撮る時はペタンと半分にたたんで、おでこバンド(?)風に装着しました。
2409641
と、すっかり脱線したところでDurrowに戻ります^^;
2409639
<作り方(うろ覚え)> かぎ針:結構太いやつ。号数不明^^; ●帽子:頭回り約40センチ、深さ約10センチ。(糸:ソフトメリノ白、黒) 作り目6。2~6段(+6)、7~8段(±0)、9~11段(+6)、12~15段(±0)15段で最終段54目。 2段目まで白でぐるぐる。3段目からは糸玉を白2、黒2に分け、適宜色を変えながら往復(輪にしつつ)。(色配分 3/6目→白、1/6目→黒、1/6目→白(前中心)、1/6目→黒) ●耳:直径約7センチ(糸:ダイヤタスマニアンメリノ黒、コットンニィートピンク) 作り目6。各+6で6段。ひとまわり小さいのをピンクで編み、重ねて縫い付け、端をつまんで形をそれっぽく。帽子の良さげな位置に縫い付ける。 ●角:直径約1.5センチ高さ約2センチ。(糸:スーパーウールベージュ二本取り) 作り目4。2段目+4。3~4(±0)わた的なものを詰め、おでこに縫い付ける。 ●ポンポン(糸:ソフトメリノ白)帽子のてっぺんに縫い付ける。 ●あごひも(糸:ソフトメリノ白、黒)2色を二本取りで鎖編み約30センチ。
2409642
屋外での撮影時のひとコマ。
web拍手 -->

2008.12.16

Turtle Neck Pullover finished

ケーブル模様との格闘、ついに終了~~~!
2397905
約半月ほどで完成したのですが・・やけに長く感じました。以前中途半端に終わってしまった模様編み。今回これぞ手編みだ模様編みだとばかりにたっぷり堪能させていただきました。もうおなかいっぱいです。志田大明神様ごちそうさまでした!
2397904
こまかい模様があるわけでもないのになんでこんなにしんどかったのか。その理由はたぶん模様が左右対称になっているからだと思います。右上?左上??の確認作業のために編み図が手放せず。編み図とさよならできたのはかなり後半でした。
2397906
変更点は袖口のゴム編みの目数を増やして短くしたところです。
2397907
どうやら指定より大きめに(特に縦に)なってしまったようなのですが、幸い「別鎖の作り目→あとからゴム編み」だったのでそこで調整できました。
2397901
袖付けまわり(?)がやけにたっぷりしていますが、もともとドロップドショルダー(?)なデザインなのでこれは仕様でもあるかと。(ドルマンちっくで気に入っています)
2397903
着丈は長くてもおおいに結構なので、あとはお手本通り。そんなことで糸はほぼ使いきりました。てか、足りるかひやひやモノでした^^;
2397902
今回はとじはぎも大変でした。
2397900
まず、すべて二目ゴム編み止め。それから裏編みのすくいとじ、かぶせはぎ、さらに目と段のはぎと、今まであまり採用したことのない技法のてんこもりで勉強になりました。(スキルのなさが浮き彫りに^^;)ただ糸のつなぎをフェルト化法にしたので糸端の始末は楽でした。
2397908
糸はやわらかくて編みやすかったです。写真撮るのにしばらく着たわけですが、とっても暖かかったです。自分用にしたくなっちゃいましたがもう一枚編む気は皆無^^;ちなみに13玉弱で500グラムぐらいかな。持った感じはちょっと重い?着れば平気です。棒針がほんの少し黒く染まったので洗うと色落ちするかも。 黒は写真が撮りにくいといつもぼやいているのですが・・・今回は犬の毛やらほこりやら、 色々くっついてるのがバッチリ写ってるのがなんだかな~^^; さてさて、これで月末実家に帰る時の手みやげができました。早速年始の手みやげDurrowにはりきって戻れる・・のか、私。 12/30追記 無事母に届けることができました。クールな母ですがとても喜んでくれたようです^^写真は京都石塀小路にて(一緒に写っているのは姪っ子(中一)です)。 DSC00192
web拍手 -->

2008.12.08

Turtle Neck Pullover (wip)

そんなこんなで複数の作品を同時進行できない私は、とりあえずDurrowはお休みにして母用のセーターに集中しております。パターンは久しぶりに購入した本、 0A10014374 志田ひとみさんのクチュールニット13 清楚で美しいニットより #16 Turtle Neck Pulloverです。(眺めるだけでもうっとりのこの本からは、編みたい作品がもう2つほどあります^^)糸は指定のダイヤタスマニアンメリノ。 DSC01180 色は見本のグレーを使いたかったのですがメーカー品切れとのことで母の希望により黒に変更しました。この糸、やわらかくてとても編み心地がいいです!
2357000
志田さんのデザインにはめずらしい(?)ダイナミックなケーブル模様です。その昔、実業団バスケの選手だったうちの母には、可憐で繊細というよりは粋なデザインのほうが似合うと思うのでこれに決めました。
2375873
とはいえ、やはり志田先生。規則的な模様の繰り返しではありますが、覚えられないんだな~、これが。プラス、黒い糸で編むケーブル模様は非常に見づらいこともあり、かなり集中して編んでるつもりなのに思ったほど進まんなぁ、という感想です。(後身頃は完成、前身頃の脇まで編めました)
2375875
しかしもちろん現れた模様はとても美しく、早く出来上がりが見たい気持ちでいっぱいです。
web拍手 -->

2008.12.02

Durrow(wip)

年末までに編もう!第一弾、Durrowです。
2357001
本当はプレゼント日の関係上、母へのセーターを先に始めたかったのですが指定糸のダイヤ タスマニアンメリノ(グレー)がメーカー品切れで入手できず、色変更したりで届くまでに時間がかかったので、それを待つ間に義父へのセーターである、Durrowに着手したしだいです。糸はROWAN Felted Tweed。
2361772
これは指定糸ではありませんが、yuyaさんがお父様に編まれたセーターに使用されていて、その雰囲気が良かったのと、とっても軽いということだったので、是非一度使ってみたいと思ったのでした。色は義父がお好きということでグレー(Carbon)。 ローワンならユニオンさんでしょ、と思っていた矢先、ラベリーで知り合った女の子から、とっても安くローワン糸を買ったという情報を得て、早速そのサイト(the back wards loop)を見にいったところ、なんとひと玉5.5ドルとな!!こりゃ買いだということで即8玉購入。海外通販はあまり経験がないのでちょっと不安でしたが、送料全部コミコミで63ドル、到着も早くて良い買い物だったと思います。すでにセールは終了しているようです。ほかの糸も買えば良かったかな。 で、Durrow。メンズセーターはとんと編んでなくて、本は古いのしかないのでこれまたラベリーで色々(主にフリーパターン)物色し、Cobblestone Pullover (フリーではありませんがたまたま Interweaveのこの号を持っていた)、Jameseyと迷ったのですが不思議なケーブル模様を編んでみたくて、Durrowに軍配。 ゲージが違うので大きいサイズで編んで仕上がりを小さく、といういつもの方法でと、軽い気持ちで編み始めたのですが。英文パターンの曖昧な表現に調整が難航してしまい(修行が足りん!)、サイズは他のパターンや手持ちのセーターを参考に、ラグランの減目等はかな~りテキトウにつじつまを合わせて作ることにしました。
2357003
つまり、袖の模様とおおまかなデザインは採用し、あとはテキトウ。こんなんで人様に贈れるものができるのでしょうか??もしかしたら旦那のになるかもです^^; そんなこんなで身頃は脇まで、袖は同時編みで肘くらいまで編みました。袖を脇まで編んだら身頃と合体させて輪にしてラグランを編もうかなと思っています。と、ここで到着しました、件のタスマニアンメリノ。こちらの詳細は別記事に。
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。