TOP > pull-a/w
アクセスランキング

カテゴリ:pull-a/w の記事一覧

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 -->

2013.11.21

Kobe

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

amirisuの最新号からKobeを編みました。

Kobe
Kobe
by Tokuko Ochiai
from amirisu Fall 2013



ある日、とある優しいお方からこんな素敵な糸をいただきました(ほかにも色々。Kさま、その節はありがとうございました)。

Yarn for Kobe

淡いピンクをベースに、水色、白、金ラメ糸を1本ずつ引き揃えた可愛い糸。手触りも抜群です。これで何を編もうか考えていたときにKobeと出会い、これだ!絶対編もうと決めました。

Kobe

大胆なケーブル模様と広めのラウンドネック、そしてフィット感のある袖。身頃をまっすぐ編むことで自然に袖山に配されるケーブルが印象的なデザイン。

Kobe (wip)

裾リブがないのも特徴なのですが、もしかしたらあとで付け足したくなるかもしれないと思い、とりあえず別鎖の作り目で編み始めました(結局デザインどおりにしました)。

DSC_3014.jpg

糸の雰囲気はこのパターンのイメージどおり。楽しく編み進めたのですが、若干細かったようで縦ゲージが出ず、Lサイズの段数を使って編むことに(目数はXS)。

Kobe (wip)

なので少し模様はこぢんまり。また撚りがないのも一因か、ケーブルのモリモリ感がいまいち出なかったかな。

Kobe
袖口のSewn Bind Offは初体験!なかなか良いBOです。


縦ケージが足りないと思ってネックバンドを1段多めに編んだのですが、これは必要なかったみたい。ネックラインはもう少し広いほうがかっこいいと思うので、気が向いたらやり直そう。

Kobe

ケーブル交差のアレンジなど含め、決してねらった訳ではないのですが全体的に消極的な感じの仕上がりです。でも私にはそれがかえって使いやすくて、早速重宝しています。

Kobe

写真ではわかりにくいですが、ラメがほどよく効いた編み地もお気に入りです。モデルさんのコーデを真似て黒いスカートとごつめのブーツを合わせ、この冬たくさん着ようと思います。

ではまた、次回!
スポンサーサイト
web拍手 -->

2013.08.05

In The Mist

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用
Ririkoさんの新しいパターンをテストニットさせていただきました!

In the mist
In The Sky
by Ririko
from amirisu Fall 2013


amirisu3号掲載のIn The Skyは大胆なバイカラーが印象的な、ドルマンスリーブのゆったりセーターです。サイドウェイで編むので、色の切り替えが縦方向になるのが新鮮。

なのに私のは、色の切り替えって何?って感じですね。すみません^^;

In The Mist

テストの依頼を受けてからパターンを頂くまでに少し時間があったので、糸の種類や色をあれこれ考えていました。考えすぎて、ごらんのようにあらぬ方向に着地してしまったのでした。

In the mist

はじめはMC、CCに同色モヘアを引き揃えて、コントラストを曖昧にしてみようと思ったのですが、最終的には「CC部分をモヘア一本、MC部分は同系色で引き揃え」というところにたどり着きました。CC部が透けて、面白いんじゃなかろうかと。。

In The Mist (wip)

糸はパピーのニュー2plyとハマナカのシルクモヘアパルフェ。
色はどちらも薄いグレーのつもりだったのですが、到着してみると2plyのほうは薄紫でした。モヘアも紫がかって見えます。

ネットでのお買い物ではよくあることなので、気にしません・・というか、かえって良かったかも。この淡い紫で朝もやのイメージが浮かんだので”In the mist”と命名してみました^^

In The Mist (wip)

MCとCC、どちらも同じ太さの針(7号)で編んでいます。ゲージはほとんど違いません。

In The Mist (wip)

まずは本体の左袖(CC)からCO。身頃左側を少し編み進めたところでMCにチェンジし、ネック部分は前後を別編みし、再び合体させて右袖へ。裾と袖口のリブはあとから編み付けます。

In The Mist (wip)

In The Mist (wip)

前身頃は後ろよりも幅が広くなっていて、着るとネックラインにほんのりドレープが出るようになっています。

In the mist

長めの裾リブ(私のは糸が足りなくて見本より短めになりました)はブラウジングさせてもいいですね。袖もちょっとたくしあげてみたり。

In the mist

本来は身幅、着丈とも、もっとたっぷりとしたゆとりのあるデザインなんですが、私のは全体的に小さめに仕上がってしまいました(たぶんゲージが原因)。それがちょっと残念かな。

モヘアの透け感はこんな感じ。。

In the mist

どうでしょうか。あんまりわからんですね^^;
ふっ。アイデア倒れか。。(でででもこれはこれで気に入ってるんですよ)

In the mist

Ririkoさんの前作Relax同様、これから様々な色使いのたくさんのIn The Skyが見られると思うととても楽しみです。

***

またまたパワーアップ、そしてボリュームもたっぷりのamirisu3号はこちら。→
今回は電子ブック形式でページ送りがとてもスムーズ。ぱらぱらとページをめくりつつ、いつもながらの美しい写真と楽しい編み物記事をゆっくりと堪能したいです。

お気に入りの記事は、人気デザイナーオルガさんへのインタビュー。あの「どうやって編むの、コレ?」というアイデアいっぱいの楽しいパターン達はどうやって生まれるのか!その秘密が今、明らかに!?

掲載パターンをまとめてチェックするならこちらが便利かな。→

ちなみに私はトクコさんのケーブルセーターkobe


それから、けいさんのクッションカバーherringboneを編みたいです!


あ、そうだ。Etsyでamirisu store開店との朗報が。ブルックリンツイード等の日本語パターンが購入できるそうです^^

ではまた、次回!

8/8追記:フリーダ日本語版進呈の企画にメールをくださったM.K様
お問い合わせいただいてから、数度PCと携帯のアドレスに返信致しましたが無事届きましたでしょうか?
すでにお手元に届いていましたら、お手数ですがその旨ご連絡いただけると幸いです。
携帯に送らせていただいたメールは私のメールボックス上では「送信済み」となっていますので、
もし未着の場合は、迷惑メールや受信設定等の確認をお願い致します。
web拍手 -->

2013.05.09

Moroccan Dawn

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用
前回のSpring Linesに続き、
rililieさんの新作Moroccan Nights(サンプル名はink)のテストニットをさせていただきました。

Moroccan Dawn
Pattern: Moroccan Nights by La Maison Rililie
Yarn: Supersoft 100% uld by Holst Garn x 2.9 balls
Needle: JPN#6 (3.9mm) for body & #4 (3.3mm) for cuff

見本に使われていたHolst Garnは今回初めて知ったブランドです。
Fynさんで購入。注文した翌日に届いたのは嬉しい驚きでした^^
悩みに悩んで選んだ色はスイートピーという紫がかったピンク。

Holst garn / supersoft 100% uld

近くで見ると、紫、黄色、ピンクなどが響き合いとってもきれい。
手触りは少しざらっとして乾いた印象ですが、水通しでかなりふっくら柔らかになりました。
本家サイトで見るとすごく色数豊富なので、編み込みにも良さそうだと思いました。

Moroccan dawn (wip)

さて今回の作品。ワイドなボートネックと引き返し編みで前後差を作るところは
Spring Linesと似ています。肩から二の腕、それから脇にケーブルを施したり、
モスとメリヤスを使って編み地に表情を付けたりと、遊び心が楽しいデザインですね。
でも全体的にはすっきりとしておしゃれな感じ。

Moroccan Dawn

Moroccan Dawn

XSサイズのテストを引き受けましたが、ゲージが出なかったこともあり、
袖付け回り〜二の腕が少しきつい感じの仕上がりです。
着られないほどではありませんが、Sサイズのほうが良かったかもしれません。

Moroccan Dawn

脇のケーブルが袖下で繋がるようにデザインされており、
それをお見せしたくて一所懸命ポーズをとってます(笑)

Moroccan Dawn

裾に向かうナナメのラインがウエストをほっそり見せてくれるような。
このあたりのデザインがなんとなくモロッコ風?(行ったことないけれど)

Moroccan Dawn

カフスにもモスステッチ。袖口はクルンと。

Moroccan Dawn

モスは裏表がないから折り返すこともできますね。

見本の着こなしを参考に、重ね着してみました。

Moroccan Dawn

おしゃれなコーディネートとか無理なんですが(ユニク○ばっかだし)、
全体像もお見せしたいと思い、どうしたらうまく引きのセルフ撮りができるか研究中。
まだまだピンボケばかりです。

Moroccan Dawn

他のサイズのテストもほぼ終わりに近いようなので、もうすぐリリースされると思います。
気になった方は是非チェックしてみてくださいね^^

ーーー
ご報告とお礼
NYの毛糸ブランド、ブルックリンツィードのパターンコレクション
ウールピープル5に私のショールパターンが掲載されました!!
後日また何か書くかもしれませんが、取り急ぎご報告致します。


ラベリーっ子の皆様、お祝いメッセージや♡をありがとうございました^^
ジャレッドさん、私のようなものに素晴らしい経験をさせてくださったこと、感謝しています。
そしてまりさん。たくさんの優しいアドバイスやサポート、本当にありがとうございました。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.04.19

Spring Lines

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

ラベリー経由でテストニットの依頼を受けて編みました。

Spring Lines

Spring Lines
by La Maison Rililie
from La Maison Rililie Designs


デザイナーのRililieさんのコンセプトはとても明確。
トップダウンシームレス、
ワイドなボートネック、
タイトなヨークと袖、
ふわっとふくらませた身頃、
そしてポケット。
太め糸(Aran weight)、10号針使用で編みます。

見本はビビッドな暖色系がまぶしい、元気なボーダー。
メインの太いボーダーに3色、細ボーダーの差し色が1色の計4色使いです。

色選び、はげるほど悩みましたが結局手元にあったのを組み合わせることにしました。

Spring Lines (wip)

水色とグレーの濃淡の3色使いにしてみましたが、パターンどおり4色のほうが色が複雑に絡み合って面白いですね。他に編まれた方々の作品がすばらしいので、是非ご覧あれ→

Spring Lines

ボーダー柄はヤングなイメージですが、襟ぐりが広いので大人っぽさも感じます。

Spring Lines

でもきちんと前後差は付いてます。初体験の引き返し編み技法 (double sts short row)が面白かったです。W&Tより簡単かも!

Spring Lines

糸の種類は3色とも違うので、編み心地や編み地の雰囲気もそれぞれ異なり。
水色のアヴリルのワッフルはだいぶ固め。ムラのない染めですっきりした印象。
薄いグレーはハマナカのソノモノアルパカウール。ふわっと柔らか、編み心地最高!
濃いグレーはハマナカのアランツイード。ねっとりした感じ。ネップがかわいい。

ちなみに、3種類の中ではワッフルが一番毛玉ができにくいです。この糸はまだ着分残っていますが、秋まで持ち越し。気持ちはとうのむかしに夏糸のほうに向いています。今期は持ち越し糸がたくさんできてしまいました。

Spring Lines

差し色細ボーダーに使う色を、袖の肘から手首に使います。
重ね着っぽく見える、楽しいデザインです。

Spring Lines Spring Lines Spring Lines

ポケットは細い別糸で。

Spring Lines

そのままだと手を突っ込んだとき裾からこんにちは!してしまうので、リブへの切り替え部分で軽くまつっています(パターンに注釈あり)。

Spring Lines

一見シンプル、だけど実はアイデア満載のRililieさんのデザイン。プロジェクトページを見れば、センスの良さは一目瞭然。今後の活躍が楽しみなデザイナーさんです(お人柄もチャーミング)。

次回もまた彼女のパターンを紹介します!
web拍手 -->

2013.03.19

Ninian

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

Ninian、できました!

Ninian
pattern: Ninian by Gudrun Johnston from amirisu Spring 2013
yarn: Cima by Shibui knits (2.1 skeins)
Needles: JPN#5 (3.6mm)


極細糸を5号針でふんわりと編む、春のセーターです。amirisu2号のインタビュー記事に登場のグドランさんのデザイン。ニニアンってかわいい響きなので女の子の名前かな、と思って調べたら、スコットランドの聖人のお名前みたいです。

素敵なデザイン満載のグドランさんのパターンページはこちら。私は以前Little Black Dressを編みました。Vailaはいつか編みたいと思っているパターンのひとつ。

Ninian (wip)

裾から輪で編み進め、脇で前後に分け往復編みして肩をはぎ。さて、お次は袖を!と出来上がった身頃をちらり。

Ninian (wip)

するとくしゅっとした編み地が、「み・ず・と・お・し♡」と語りかけてくるので、仰せのままに。。。つまり、レースがパッと開くのを早く見たかったわけですが。

これはまだ湿っている状態。

Ninian (wip)
ノビーー


でも乾けばこのとおり!

Ninian (wip)
シャキーン


パターンどおりのサイズになりました。さすが指定糸。


編み地の水通しビフォーアフター。

DSC_0003

ふっくらして弾力と厚みが出ましたよ。

そして袖。これが面白い編み方で、身頃から目を拾って引き返し編みで袖山を作っていきます。以前編んだヴェラさんのtwenty ten cardiganのときもこの方法だったような。単純な操作なのに、なかなかのきれいな仕上がり。

Ninian

前身頃は全面レース。くりの少ないボートネックで露出は控えめです。レースの効果で裾が花びらのようにまあるく波うってかわいい。

Ninian
シェットランド伝統のレース模様は、日本でいう藤編みのバリエーション?

一方、後身頃はシンプルにメリヤス編み。フィットさせた袖といい、甘くしすぎないところがニクいです。

Ninian

ほぼ2かせで編めたので、重さ約100g。ポピー色も軽ーい着心地も今の季節にぴったり。
このままスキップしながらお花見に繰り出したくなるような、心踊る一着です。
amirisu様、ステキな糸のご提供ありがとうございました!

Ninian

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.02.26

Minty Caviar

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

去年の暮れ、お気に入りのキャビアドレスを着て帰省しました。母がそれを見てたいそう気に入り、自分の分を編んで欲しいと言うので、母キャビ用の糸を一緒に選びました。

DSC_0098
ワッフル(ミント) by アヴリル

アヴリルで購入したこのミント色の糸で編み始めたものの、キャビアには太くて固い感じだったので別の糸を使うことにしました。これだったら間違いない!と選んだのは指定糸のBerroco Vintage DK。色はMinty。

DSC_0005

比べてみるとMinty、ちょっと明るすぎたかな?

DSC_0002

濁りのないパステルブルー、そしてきめの細かいこの糸は、外国のお菓子(の生クリーム)みたいで可愛いんですが、ちょっと幼い感じがしたので一応母に「この色で大丈夫?」と確認をとりました。

DSC_0003_convert_20130214164048.jpg

返事は「明るい色もいいじゃない?」
安心して編み進めました。

Minty Caviar (wip)

キャビアドレスを編むのはこれで3回目。
編み慣れて気を抜いてしまったのか、胸のキャビアパートでだいぶやらかしました。5段ひと模様なのに4段で編み、しかもk2tog→yoなところをyo→k2togにしてしまっています。

Minty Caviar

模様部分を半分くらい編んだところで気付いたのですが、やり直さずそのままGO!ついでに模様の幅をぐっと広げて、キャビアが胸をふわりと包み込むようアレンジしてみました。・・ちょっとやりすぎた?

そんなこんなで、完成です。

Minty Caviar
Caviar Dress
by Yoko Johnston
from In Stitches 2


腕周りとお腹周りをゆったりめにして欲しいというリクエストにこたえ、袖はM、身頃はSとMの中間くらいの目数に調節しました。

Minty Caviar

私には若干大きめサイズなので、なんだかピーターパンのウェンディっぽい雰囲気ですが、母が着たらもう少しフィットするはず(母は身長も私より高いのです)。

Minty Caviar

袖の形も母の希望で、パフではなくまっすぐ(先細り)にしました。

Berroco Vintageはとても軽くソフトな手触りで編みやすかったです。アクリル50%というのをあとから知って、ちょこっと焦りましたが編み地はしなやかでちくちくもないし、ギャザーやドレープもきれいに出たので満足しています。

Minty Caviar
綴じはぎなしのセットインスリーブ、Contiguous。

毛玉ができやすいかも?と、この糸でサンプルを編まれたデザイナーのみやよさんに感想を伺うと、特に問題ないとのことで、その点に関してもひと安心。

なんでもこれ、3月初めの同窓会だかなんだかに着ていく予定なんだそうな。それならばと、胸元にスワロフスキーをあしらい、お出かけ着らしい華やかさをプラス。4mmサイズを25個、仕上げ時に編み込みました。

Minty Caviar

太い毛糸にビーズを通すのはちょっと大変。
私は「フェルト化させる糸つなぎ」の要領で、使用糸の先に細ーい別糸をしっかりとつなぎ合わせ、それを縫い針に通してからビーズを拾っていきました。キツキツでしたが、少量だったこともありなんとかうまく通すことができました。

Minty Caviar

光を受けるとキラキラときれいです。でも4mmだとそれ自体の存在感があまりないのでちょっと寂しい。どうせなら、もっと大きいのにしてもよかったかな。

Minty Caviar

さあそろそろ、母の元に届くはず。
気に入ってくれるかな。どきどき。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.02.15

Men's Aran Pullover

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

前回の続きです。

Men's Aran Pullover
P.11 Men's Aran Pullover
by Atsuko Takeda (武田敦子さんのブログ)
from Keito Dama, No.156 Winter 2012
Yarn: Aran Tweed by Hamanaka (12.5 balls)



Men's Aran Pullover

旦那にお願いしてモデルになってもらいました。
大柄なので、ちょっとぴちぴちです(これでも息は止めている)。

Men's Aran Pullover

後ろもしっかり模様入り。でもねじり目がメインなのでうるさい感じはありません。
2x2以上の交差がないので、縄編み針なしで編めるのが嬉しかった^^

Men's Aran Pullover

ウエストが軽くシェイプされているのでスッキリしたシルエットですね。

っと、そろそろ旦那の息が続かなくなりそうなので、モデル交代!

Men's Aran Pullover

衿にも小さなケーブル。ジグザク模様は前後身頃とも、きれいに収まっています。

使用糸のハマナカアランツイードは、編んでいる時はそれなりにごわっとしていましたが、
水通しするとアルパカ混の効果か、とてもソフトな肌触りになりました。

Men's Aran Pullover
身頃ぶった切り手術の痕跡が。。。

大きめのネップ(白、黒、緑)が素朴な味わいで、
帽子など小物を編んでもきっと可愛いと思います。

Men's Aran Pullover

では最後に「じーじ」の着画。

130213_1001~01
よっ、オトコマエ!

とっても気に入ってくれたようです。
サイズもバッチリだったって!うれしい〜。

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.02.13

Men's Aran Pullover (wip)

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

毛糸だま2012冬特大号からp.11のメンズアランセーターを編みました。

Men's Aran Pullover
P.11 Men's Aran Pullover
by Atsuko Takeda (武田敦子)
from Keito Dama, No.156 Winter 2012


同級生のお父さん(愛称じーじ)へのプレゼントです。
長年家族ぐるみですごく仲良くさせていただいていて、その流れで私が昔編んだセーターをじーじが愛用してくれていました。それが経年劣化のせいかほころび出したので、新しいのを編むことになりました。

「前のと似たような感じ、色はライトグレーで」というリクエスト。
前の、というのはガーンジー模様のモスグリーンのセーターでした。

パターンは毛糸だまのこのアランセーターが丁度良さそうだったので、すんなり決定。
指定糸のケリーウール社の糸は入手しづらいので、今回のアラン特集で別の作品に使用されていたハマナカのアランツイードを使ってみることにしました。もし上手くいかなくてもフード付きアランカーデ(実は本命!いつか編みたい)に流用できますしね。


ちなみに、ケリーウール社のアランウールは毛糸だまのセット販売の他、
Kerry woollen mills
ユーロジャパントレーディングカンパニー
Dublin Bay
このあたりでも入手できそうです。


Aran Tweed


という訳で編み始め。

パターンでは別鎖の作り目にして、あとからリブを編む指示でしたが、1目ゴム編みの作り目でリブから編み始めてみました。

Men's Aran Pullover (wip)

針は9号指定のところを8号で編んでいます。
9号が手元になかったこととゲージ調整のため、というのが理由です。

DSC_0056

リブのちょっとしたケーブルと、身頃のジグザグ模様がお気に入り。
楽しく編み進めましたが。。。


やっちまった!

DSC_0003

前身頃を編み終えたところで間違いに気付きました。

DSC_0009

まあ、こうなりますわな。

DSC_0011

お直し完了。はあはあ。

気を取り直して袖を2本同時編みし、

DSC_0012

衿を編んで組み立ててみると。。うーん、ちょっと着丈が短いような。
ゲージはぴったり出ているし、いちおうパターンどおりのサイズに仕上がってはいるのですが、
「以前編んだ物より着丈と裄を長めにして欲しい」というリクエストを思い出し。

で、今度はこうなりました。

DSC_0014
さようなら、1目ゴム編みの作り目。

結局パターンどおり、あとからリブを編むことに^^;
ひと模様とちょっと増やして編み、これで2〜3cm長くなりました。

Men's Aran Pullover
こんにちは、1目ゴム編み止め。

始めから素直に別鎖にしとけばよかったなあ。
いや、むしろ10号で編んだほうがよかったのかも。。とほんのり後悔しつつ

着画は次回!

web拍手 -->

2013.02.02

Relax

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

amirisu 2号、出ましたね!

今号も編みマニアのツボを押さえたディープな海外編み物事情と素敵な糸やパターン、そして美しい写真をめいっぱい楽しませていただきました^^特にメリさんのグドランさんとイゾルダさんへのインタビューがお気に入り。何度も読み返したい。トクコさん、メリさんお疲れさまでした。

掲載パターンの中で私が気になるのは。。

Ninian
by Gudrun Johnston


Walnut Snood
by Kyoko Nakayoshi


Canary
by Yuki Ueda


あたりでしょうか。もちろんその他のパターンも要チェックです^^
そして私は今回、掲載のパターンのひとつ「Relax」のテストニットをさせていただきました。

Relax
Relax
by Ririko
from amirisu Spring 2013


デザイナーのRirikoさんはご存知Hand Knit LifeのLilyさん!
確かな技術に裏打ちされた美しい作品群を、いつもため息とともに鑑賞している憧れのニッターさんです。いつかご自身のデザインを発表されると確信していました。

見本の作品は淡いブルーのmadelinetosh pashminaで編まれていて、とても優しい雰囲気。

私はヤーナホリックさんで購入したString Theory Hand Dyed YarnのCaper Sockで編みました。本当にきれいな色合い、そしてするするとしなやかでとても編みやすい糸でした。

Caper Sock

今年のやんわりとした目標は、意識してきれいな色の糸を使うこと。
ニュートラルに選ぶと地味色ばっかりになっちゃうので^^;

Relax

ただ、このグリーンは私には美し過ぎ鮮やか過ぎて。もうちょっと彩度の低い色でも編んでみたい気がしています。黒もいいな。。などと、それじゃまた普段どおりだけど^^;やっぱり色選び、苦手だな。

さて、Relaxはゆったりとした身頃にタイトな袖が付いた今風のビッグシルエットのプルオーバー。ボトムアップで前後身頃を別々に編んで綴じ、袖は身頃から直接目を拾ってマジックループで輪編みします。

サイドに配されたアイレットがシンプルなデザインのアクセントになっています。

Relax

このアイレットはメリヤス砂漠のオアシスとして、長い旅路を援護してくれる有り難い存在でもありました。

肩下がりはW&Tで。

Relax

肩はぎのラインがキリリ。

ゆったりとしたラウンドネックとメリヤス編みの自然な丸まりを使ったエジング。

Relax

肩肘張らず、さらりと着られる心地よいセーターだと思いました。私はXSサイズを編んだのですが、もうワンサイズ上げて、せっかくのオーバーサイズなデザインをもっと強調しても良かったかもしれません。

Relax

パターンは編みやすいように親切丁寧に書かれていて、とても好感が持てました。
表目(k)裏目(p)かけ目(yo)と減目と増目(k2tog, ssk, M1L, M1R)の基本中の基本のステッチがメインで、しかもamirisuのパターンだから日本語版を参照しながら編めるので、英文の大物「最初の一歩」にちょうどよさそう。英文パターンでよく使われる引き返し編み(W&T)と便利なマジックループが習得できるのもおすすめポイントです。

Relax

Ririkoさん、素敵なパターンをありがとうございました。次回作にも期待しています^^

ではまた、次回!
web拍手 -->

2013.01.18

Ingenue

テーマ:編み物 - ジャンル:趣味・実用

海外編み物本のなかでも人気の高いカスタムニッツから、Ingenueを編みました。
トップダウンのシームレス、ラグラン袖のプルオーバーです。

Ingenue
Ingenue
by Wendy Bernard
from Custom Knits


糸は実家で発掘された「20年もの」のスキー、キックオフ。
ウール100%、棒針10〜12号、ゲージ15目20段。50g巻きで73m。
極太で、なかなかの重量感です。

DSC_0106

この糸に合うパターンを便利なラベリー検索で探したところ、このIngenueが引っかかりました。カスタムニッツは少し前に蔵書の仲間入りしていて何か編みたいと思っていたし、11玉という制限内にも収まりそうなのでこのパターンに決定しました。

Ingenue(アンジェーヌ?)は、Google先生ほかの助けによると純情な少女(またはそういう役柄)的な意味らしい。パターンの概要には「オードリーヘプバーンやレスリーキャロンのエッセンスを振りかけたのよ」と。なるほど、なんとなくイメージがわきました。

Ingenue

ワイドで立体的なネックライン、身頃と比較するとたっぷりとした袖。簡単だけど印象的な模様もどこかクラシカルな雰囲気です。

特にしっかりとしたダブルの襟は着る人を華奢に見せてくれるような気がします。

Ingenue

変更点は後身頃で数段引き返し編みをして前後差を付けたところと、カフスと裾を襟に合わせてダブルにしたところ。あとは着丈を少し長くしたことです。どれも始めから計画していた訳ではなくて、編みながら思いついてやってみた感じ。

Ingenue

袖口は模様編みを5セット編んでからコントラストカラーにチェンジ。模様編みの部分と同じ長さになるまでメリヤス編みし、伏せ止めせずに本体の「メリヤスと模様の境目の段」に裏側からメリヤスはぎの要領で綴じ付けました。

Ingenue

はじめ、伏せ止めしてからまつり縫いをして始末したら、お見せできないほどひどいありさまだったので、心を入れ替えてメリヤスはぎで丁寧にやり直したのでした。ブログの効用ですね^^

Ingenue

裾は模様を10セット編んだあと、残った糸が尽きるまでメリヤス編みしました。折り返すと裾模様の中間あたりにしか届かず、仕方なしにその位置に止め付けました。少し表に響いちゃってますね。袖と同じようにコントラストカラーを使って編み足せばよかったかな。

Ingenue
「減目がバストの下、増目が脇のライン」と位置を変えてウエストシェイプするっていうのは珍しいかも?

メリヤス編みと模様編みでゲージが違うので、パターンどおりにシングルにすると少し裾がすぼまります。ダブルにすることで、なだらかな裾広がりになりました。

Ingenue

糸が重めなせいか、ちょっと厚ぼったい感じがどうかなとも思いますが。。

Ingenue

襟〜ヨークで気になったことがひとつだけ。
段の変わり目が前身頃(左側)にあるので、襟のところでそれがちょこっと目立ちます(もしかしたら読み間違えた??)。

本来は前後がないデザインだからどっちを前にしてもいいわけですが、前後差付けちゃったので^^;また編む機会があれば、後身頃側に持っていこうと思います。

Ingenue

この糸は姉から奪ってきたものなので、もし気に入ってくれたら姉にプレゼントしても良いかな〜と思っています。それにしても、昭和の年代物の糸が海外の有名デザイナーの人気プルになるとは。。時代は変わりました。

ではまた、次回!
web拍手 -->
«PREV  | HOME |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。